アメリカで起業しよう!

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

アメリカで起業しよう!

読了までの目安時間:約 5分

起業の仕方!完全マニュアル (14)

 

起業できる事業内容が決まっているのであれば狭くて小さな島国・日本で起業するのではなく、いっそアメリカへ行ってみてはいかがでしょうか

 

アメリカは自由の国というだけあって、ユニークな事業も多いですし、例えばホットドッグ販売のような小さなことでも、ある程度の稼ぎになります。

 

 

 

それはなんと言っても人口が多いから!

 

 

 

あなたが始めようとしている事業を、是非利用したいと言う人が必ず見つかる国なので、よほどくだらないことであるか、サービスが下手でない限り、起業しやすいのではないでしょうか。

 

 

 

特に日本人の仕事の細やかさ、対応の丁寧さはアメリカでも高く評価されていますから、信頼を得やすいことも成功への架け橋となるでしょう。

 

 

 

アメリカで事業をするには、英語がペラペラじゃないとダメなのでは?

 

と不安に思う方も多いかもしれませんが、アメリカには多くの日本企業も存在していますから、客層となるターゲットを日本人に絞れば、やりとりに不自由することはありません。

 

 

 

また社員として、日本語も英語もできる人材を雇用してしまうのも方法の一つです。

 

 

 

しかし、多少の会話ができなければ、ビジネスどころか、プライベートでも苦労しそうなので、現地で少しずつ覚えていくのが良いでしょう。

 

 

 

■おすすめのアメリカ起業事業

 

留学や転勤などにより、日本で暮らすことになったアメリカ人が 食べ物の中で最初に感動するのは「パン」のおいしさなのだそうです。

 

 

 

日本のパンは食パンでも、しっとりもちもちが売りで、できたては特に至極のおいしさですよね。

 

 

 

パンと言えばアメリカの方がおいしいのでは?と思うのは大きな間違い。

 

 

 

アメリカのパンはゴワゴワでぼそぼそしているものが多く、特に食パンの耳の部分はマズイもののようです。

 

 

 

日本の食パンを食べたアメリカ人の多くは、耳までこんなにおいしいなんて!と感動するらしいです。

 

 

 

日本のパンのおいしさを伝えようとする動画などもyoutubeなどで見ることができます目をキラキラさせてレポートしている様子がとても面白いので、探してみてください。

 

 

 

つまり、アメリカで日本のパンを販売する事業を興せばそれなりに利益があがるのではないか?と私は思っています

 

アメリカと日本では気候が違いますし、手に入る材料の価格や品質も違うと思うので、出来栄えにどれほどの差が出来るか分かりませんが、日本から材料を取り寄せることもできますからね!

 

 

 

アメリカで起業することをお考えであれば、こんな情報もあったな…と思いだしていただければ幸いです。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :   

未分類


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る