個人タクシーで起業する

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

個人タクシーで起業する

読了までの目安時間:約 5分

起業の仕方!完全マニュアル (12)

 

免許なら誰にでも取得できる!ということで個人タクシーでの起業を考えている人もいることでしょう

 

では実際に個人タクシーとして起業するためには、どのくらいの資金が必要なのでしょうか?

 

 

 

まずはタクシーとして利用するための車を、新車で購入することを考えると、270万円くらいは必要だと思います。

 

 

 

さらにその車を、タクシー仕様にする費用には30万円程度かかるようですね。

 

 

 

つまり車を1台用意するだけで300万円必要だということ。

 

 

 

では肝心の営業利益に関してですが、お客さんを乗せない状態で走っている距離よりも、お客さんを乗せて走る距離の方が長ければ、利益は確実に出るようです。

 

 

 

ただし、1日にどれだけの利益(売り上げではなく)が出るのかと言えば、お客さんの数にもよるかもしれませんが、5000円程度利益が出れば、万々歳……と言ったところのようです。

 

 

 

また、お客さんの中には横暴な人や、態度の悪い人、柄の悪い人がいることも確かなので、毅然とした態度で対応できる人でなければ運転手は務まらないかもしれません

 

タクシー強盗への警戒も必要ですしね。

 

 

 

また運転資金として80万円以上必要であるようですし、ガソリン料金の変動によっては、経費が多くかかる時もあるでしょう。

 

 

 

慣れるまでは収入も安定しないと思うので、手元に500万円以上のお金を用意してから、事業を開始するのがよいのではないでしょうか。   

 

 

 

■車はリースできる!

  

 新車の購入が難しい人には、タクシー車をリースするという方法もあるようです。

 

 

 

リース代金は年間で60万円程度だというので、新車を購入するよりは安く済むかもしれません。

 

 

 

しかしそのまま4年以上続けることを考えたら、最初に新車を購入していた方がお得ということになるので、ご自分の資金とよくよく相談してみる必要がありそうですね。

 

 

 

目先の安さに囚われないことが大事になります。

 

 

 

またガソリン代についてですが

 

1日に200キロ程度走行することを、25日続けると、1ヶ月でおよそ60万円程度のガソリン代がかかるようです。

 

 

 

それプラス、その他経費として使えるお金に15万円は確保したいですし、自分への給料として生活費25万が必要となると、1ヶ月に100万円の売り上げが必要と言うことになります。

 

 

 

おおまかに計算して、タクシー料金は1キロ300円程度なので、1日に135キロ程度はお客さんを乗せて走行する必要が出てきます。

 

 

 

おそらく田舎ではまず無理ではないでしょうか。

 

 

 

ライバル会社もいると思うので。起業するなら、関東・関西圏が良いのかもしれません。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :   

未分類


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る