マレーシアで起業することを考える

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

マレーシアで起業することを考える

読了までの目安時間:約 5分

起業の仕方!完全マニュアル (10)

 

日本ではなくアジア圏で起業することを考え行動を起こした人の中にはマレーシアを拠点にする人が目立ちます

 

マレーシアでは外資100%資本が許されているらしく、特に法人会社などは設立が簡単であるようですね。

 

 

 

日本と比べて治安が悪い地域が多いかもしれませんが、人件費が安いこと、物価が安いことなどを考えると、多くを稼いでも経費が少なくて済むので、手元に残る利益が大きいのだと思います。

 

 

 

マレーシア語を勉強する必要があるかもしれませんが、通訳さんさえ雇用できれば、当面、言葉には不自由しないでしょうし、拠点はマレーシアに置くものの、ビジネスの相手が日本人であれば、仕事に支障がでることもないと思います。

 

 

 

マレーシアに工場を置いている日本企業も多いようですし実際にマレーシアで起業している日本人もたくさんいます

 

確かに海外に拠点を置くことになると、生活の拠点も移さなければいけないので、起業する度胸以上に、大きな覚悟が必要かもしれませんが、マレーシアの中でも都会になれば、日本とほぼ変わりない生活が出来るらしいです。

 

 

 

コンビニもあり、日本の調味料や米、食品なども多少割高でも手に入るようです。

 

 

 

野菜やくだものも充実していて、物価は日本の3分の1程度だと言います。

 

 

 

ネット環境も問題なく、街のあちこちにネットカフェがあるようですね。   

 

 

 

■マレーシアで生活することを考える

  

 マレーシアは日本と違い、年中暑い国です。

 

 

 

30度を超える日が当たり前だとか。

 

 

 

しかし湿気のない暑さなので、日陰は涼しく、建物の中では冷房が寒いくらいにきいているとのこと。

 

 

 

またマレーシアの人たちは、親日的で日本人に憧れを抱いている人が多いため、コミュニケーション的な問題は少ないのではないでしょうか。

 

 

 

マレーシアは日本と同じくらいの敷地面積があり、日本でも北海道と沖縄での生活に違いがあるように、北と南では風習の違いや生活の違いなどが多少あるようです。

 

 

 

しかし、私たちが思っている以上に生活水準は高く、観光地や移住地としても人気の国なので、仕事以外のことでいろいろと楽しめることが多い点が魅力ではないでしょうか。

 

 

 

マレーシアでの平均月収は日本円にしておよそ16万円程度だと言うので

 

(業種にもよると思いますが)、日本での平均月収(手取り)が25万円程度なので、10万円くらいの差がありますね。

 

 

 

日本円で得た利益を使って、マレーシアで生活することを考えと、かなりの贅沢が出来るのではないでしょうか?


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :   

未分類


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る