ラブホテル経営者として起業したい

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

ラブホテル経営者として起業したい

読了までの目安時間:約 5分

起業の仕方!完全マニュアル (11)

 

不動産経営の中でも、「何となく儲かりそうだから」という理由でラブホテルの経営者になりたいという人がいます

 

ラブホテルの建設には現在規制がかかっているので、新築することが難しいため、どうしたって中古物件を購入しての経営開始になりますが、かなりの自己資金がなければ難しいようですね。

 

 

 

まず、中古物件を購入する資金として2~3億円が必要です。

 

 

 

ここがクリアできて、物件を手に入れた後は、内装リフォームという作業があり、特に古い物件であればあるほど、水周りの修繕にかなりのお金がかかるようです。

 

 

 

またラブホテルには、ラブホテル建築士という人たちがいて、内装のリフォームなどをお願いすると、リフォーム内容にもよりますが、1部屋1000万円程度かかるとのこと。

 

 

 

さて、仮に中古物件購入代金に3億、リフォームや修繕に3億、合計6億円を支払うことができ、実際に経営を開始するとします

 

しかし最初の1~2年は、宣伝費にもお金がかかりますし、赤字経営を覚悟する必要があるとのことなので2年、あるいは3年間収入がゼロでも、生活していけるだけの資金が手元になくてはいけません。

 

 

 

しかし、これらのことをすべてクリアできたとしても、人気のホテルになれるか?

 

 

 

という点は不明で、ライバル店も多いですし、場所が場所だけにトラブルに巻き込まれる可能性もあって、結局成功できるとは限らない点が大きな不安要素です。

 

 

 

男性の中には不純な動機でラブホ経営を夢見る人もいるかもしれませんが、現実はやはり甘くない……といったところでしょうか。

 

 

 

■ホテル経営という選択肢

 

ラブホテルではなく、通常のホテル経営をお考えの方で 億単位になるかと思われる資金が用意できるのであれば、是非旅行会社と提携することを前提にビジネスを開始してみてください。

 

 

 

JRや飛行機チケットと一緒に予約をすることで、ホテル代がお得になるという、誰もが知っているシステムがありますが、その手の提携をしっかりと行っておきましょう。

 

 

 

ただしホテルというものはライバルが多いですよね

 

安さで勝負するか。

 

 

 

サービスで勝負するか。

 

 

 

施設の充実さで勝負するか……など、差をつけるための方法はたくさんありますが、どれほど工夫しても、毎日予約で一杯だという状況は作ることができません。

 

 

 

空室が多い日が続いても、運転していけるだけの蓄えや、アイデアがなければ、想像しているほどの利益にはならないでしょう。

 

 

 

高級車を乗り回し、年に数十回旅行にいけるほどの贅沢ができるような社長になるには、相当な努力とアイデアと年月が必要だということです。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :   

未分類


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る