義肢装具士の起業であなたにできること

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

義肢装具士の起業であなたにできること

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (208)

義肢装具士の起業ではあなたの知識を医療介護や福祉で役立てることができます

義肢装具士はその知識を活かして、失われた手足や機能不全に陥った部位をサポートするための器具を開発製作します。

 

 

 

医療に密接に関係した義肢装具士の仕事ですが、起業する場合には営業力や集客力も必要になってくるでしょう。

 

 

 

義肢装具士としての実績作りや人脈作りを経てからの起業が一般的で、仕事が獲得できないうちには病院や装具の制作会社での勤務をして実績を増やすといいと思います。

 

 

 

義肢装具士の起業をするためには資格が必要です

義肢装具士は国家資格が必要で、義肢装具士養成所での修業を経てから試験に合格しなくてはなりませんね。

 

 

 

医療と直接関係ない仕事をすることも珍しくない義肢装具士ですが、厳しい国家試験を乗り越えなくてはならないのは少し意外かもしれません。

 

 

 

国家試験という難関があるお陰で、義肢装具士の仕事は安定した需要があることも事実ですけどね。

 

 

 

起業するかどうかまで考えていなくても、資格を獲得することで就職に強くなれるメリットがあります。

 

 

 

義肢装具士として起業する場合には製作所を立ち上げることが一般的です

義肢装具士として独立して仕事をするためにはリハビリテーションなど関連分野の知識も取り入れておきたいですね。

 

 

 

患者さんが使いやすく生活のしやすい装具が作れるということが義肢装具士の起業後の成功を決める大きなポイントですから。

 

 

 

それぞれ状況の異なる患者さんに対応した装具を製作する技術と経験が義肢装具士の起業では必要です。

 

 

 

義肢装具士を起業する場合には1500万円前後の起業資金を準備しておくといいでしょう

装具を作るための機材が必要になるほか、リハビリテーション用の内装費もかかることが一般的ですね。

 

 

 

自分の得意とする分野に特化した起業をすることになれば、もっと違った起業資金の使い方になるかもしれません。

 

 

 

資格を習得してすぐという方はまずは義肢装具士として勤務することを経験してから、起業について考えることをおすすめします。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~か行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る