ニートでも起業できる

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

ニートでも起業できる

読了までの目安時間:約 5分

起業の仕方!完全マニュアル (5)

かなり前になりますがニートの間で「働いたら負け」という言葉が流行したことがありました

 

私はそれを、単なる「ネタ発言」だと思っていましたが、この言葉を逃げ道とするニートが一時的にでも増えたことは事実だと思います。

 

 

 

その人が何故、働くことを辞めてしまったかは、人それぞれ事情が違うと思いますが、ニートと呼ばれながらもチャンスを待っている人は大勢いるのではないでしょうか。

 

 

 

確かに最初は「俺だっていつか成功してやる」という、ただ漠然とした根拠のない野心かもしれません。

 

 

 

しかし、本当に心にそう決めている人は、見えないところでちゃんと行動を起こしているような気がするのです。

 

 

 

行動を起こすことができれば、ニートからの脱出は簡単です

 

手っ取り早くアルバイトでも始めてしまえば、それだけでもすでにニートではなくなりますし、夢を実現させるために事業を興してしまえば、1人社長ではあるものの、統べる者になることができます。

 

 

 

会社を興すことは難しいと思われていますが、10万円あれば会社は作れます。

 

 

 

事業として登録するために必要な書類を揃えるのにお金がかかりますが、現在は資本金などがほとんど必要なく、1円を資本金に会社設立ができるくらいです。

 

 

 

ニートに限らず、主婦の方でも、学生でも、事業内容さえはっきりしていれば、起業するのは簡単ですよ!

 

 

 

■ニート起業で最も多いのが情報販売

 

薄弱者からお金を巻き上げる、とてもサービスとは言えないビジネス。

 

 

 

それが情報販売です。

 

 

 

この方法で、うまくいけば大金が手に入るかもしれません…という内容を販売するもので、販売する情報さえあれば、誰でも始めることができます。

 

 

 

しかし私としては最も手を出すべきではない分野だと思っています。

 

 

 

第一に、確実性がない情報なので、恨みを買うことが多いです。

 

 

 

下手をすると大勢から訴えられます。

 

 

 

第二に、利益が得られるのは一時だけで、持続性がなく、事業としては成り立たないことが多いです。

 

 

 

第三に、その情報販売が上手くいくかどうかもさだかではありません。

 

 

 

ニートが情報販売で成功した!

 

という話は嫌というほど耳にしますが、その成功劇が2~3年続いて生き残っている人は滅多にみかけません。

 

 

 

出ては消え。

 

 

 

出ては消えできりがありませんね。

 

 

 

一瞬でも輝きたいと思っている人なら別ですが、一瞬では一生を繋げません。

 

 

 

栄光が終われば、またニートに逆戻り……では意味がありませんよね。

 

 

 

起業するために自分が起こす事業内容について、是非真面目に、現実的に考えてみてください。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

未分類


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る