歯科技工士の資格を活かした起業は何ができるのか?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

歯科技工士の資格を活かした起業は何ができるのか?

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (207)

歯科技工士の資格があれば独立起業することができます

歯科技工士とは歯科医師の指示を受けて差し歯や詰め物などを作る仕事のことです。

 

 

 

歯科技工士の起業は虫歯になることの増えた現代では安定した需要があり、低リスクなビジネスとして考えることができますね。

 

 

 

歯科技工士を起業するために必要となる資格は国家資格で、歯科技工士専門の学校を卒業後検定試験を受けることで獲得できます。

 

 

 

歯科技工士の起業では患者さんとのコミュニケーションがないことが仕事の難しいポイントですね

医師からの指示を受けて設計や加工といった作業を行うため、指示に対して適切な加工方法などがイメージできなければなりませんからね。

 

 

 

歯科技工士の起業を成功させるためには、直接やりとりを行う歯科医師との信頼関係が重要です

 

 

 

起業後は医師の指示に対して的確な品質の製作技術を作ることが歯科技工士として評価されるコツです。

 

 

 

入れ歯や差し歯などは美観も重視される点ですので、噛み合わせによく合うだけでなく見た目も良い状態が求められます

歯科技工士として信頼を構築していくことで起業して仕事の数を増やすことにも繋がるでしょう。

 

 

 

ただし、医療保険制度で歯科技工士の成果に対しての報酬が低いとも言われています。

 

 

 

若者が歯科技工士の起業を目指すことが少なくなっていることも問題化していて、需要はあるもののビジネスとして割の良い仕事といえるかどうかはこれからの制度改革次第と言えます。

 

 

 

歯科技工士の起業では立地や内装などにこだわる必要がないので歯科医師などと比べると低い起業資金で十分です

起業資金の例を挙げると1500万円程度で主に機材費として使うことになります。

 

 

 

資格取得後、すぐに起業する道もあるのですが一般的には既存の歯科技工士の元でアシスタントをするなどして経験を積んでから独立起業しているようですね。

 

 

 

歯科材料メーカーへの就職など、起業するつもりはなくても歯科技工士の資格が就職に役立つと思います。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~さ行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る