行政書士の起業であなたがすることとは?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

行政書士の起業であなたがすることとは?

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (206)

行政書士の起業について考えたことはありますか?

行政書士のお仕事では行政上の手続きをサポートするといったものが主軸となります。

 

 

 

例えば、書類の作成から提出するまでを代行したり、手続きに関する相談を請け負うといったものですね。

 

 

 

行政書士の起業ではコンサルティングに似たような役目があることも覚えておくといいでしょう。

 

 

 

単に手続きをすればよいのではなく信頼できる相談役として、行政書士の知識を必要とされるわけですからね。

 

 

 

行政書士を起業する場合には資格が必要となります

一番基本的なものとしては行政書士試験の合格者です。

 

 

 

ただし、行政書士に合格していなくても行政書士の起業ができるケースがあります。

 

 

 

弁護士や弁理士、税理士といった資格を持つ方です。

 

 

 

そして、行政事務の仕事を20年以上務めた方も行政書士の起業をするために必要な資格を持っています。

 

 

 

試験としては他の国家試験同様に低い合格率の行政書士資格ですが、仕事のできる人は多いことが特徴といえますね。

 

 

 

行政書士の起業では顧客との信頼の構築も必要なことです

コンサルティングをする場合には顧客との信頼をどうやって構築するかが重要ですからね。

 

 

 

行政書士として信頼してもらって初めて提言を受け入れてもらえるようにもなりますし、行政書士として言うべきことがいえるようになるわけですから。

 

 

 

行政書士で最近増えている業務があるようです

認可手続きの業務なのですが、コンサルティングと合わせて行政書士に依頼をするといったケースが少なくありません。

 

 

 

顧客との信頼を築き、そこから繋がる人脈から新しい顧客を獲得するといった流れが行政書士の起業を成功させるコツかもしれませんね。

 

 

 

クランアントそれぞれとの契約が必要となる行政書士の起業では、どうやって顧客を見つけるのか、自分といったことが難しいところです。

 

 

 

自分を知ってもらうために起業後の人脈形成を意識する。

 

 

 

もしくは起業前から業務を貰えそうな人脈の構築をしておくといいでしょう。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~か行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る