社会保険労務士の起業で抑えておくべきポイント

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

社会保険労務士の起業で抑えておくべきポイント

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (204)

社会保険労務士の起業ではまずは実務経験が必要です

独立起業するためには社会保険労務士の資格が必要なのですが、試験に合格するだけでなく実務経験2年が求められるためです。

 

 

 

資格を取得することが起業のためのスタート地点に立つ条件ということになりますね。

 

 

 

社会保険労務士の資格取得は厳しいと言われているものの、過去に比べると緩和されているために合格するチャンスは広がっています。

 

 

 

社会保険労務士として起業する場合、どんな仕事をすることになると思いますか?

社会保険労務士を起業してあなたがするべき仕事は各種社会保険に関する書類の手続代行です。

 

 

 

また、それらの手続きのための相談や指導といったものも含まれることになると思います。

 

 

 

企業との契約によって細かな点を決めていくことになりますが、主軸としては手続代行が基本業務です

 

 

 

社会保険労務士を起業する場合、手続代行だけでなく他の業務も含めたコンサルティングの仕事を任されることがあります

例えば、人事制度や退職金制度など労務管理に関することのコンサルタントも社会保険労務士に求められる点ですね。

 

 

 

労働時間や福利厚生について会社に問題がないかどうか、起業後はどうするべきなのかといったことを社会保険労務士の知識を活用しながら相談に乗っていくことになります。

 

 

 

女性の活躍の場として社会保険労務士の起業をする事例も増えてきました

社会保険労務士は女性の合格率が高いので、女性が起業するということも珍しくないんですよ。

 

 

 

書類整理が主な業務ですし、女性ならではの信頼できる仕事ぶりで活躍の場として社会保険労務士の起業は向いていますね。

 

 

 

自分だけの力で生き抜けるような経済力が欲しいといった女性や、今の不況を乗り越えるだけの能力が欲しいといった男性に社会保険労務士のお仕事はいいと思います。

 

 

 

起業する場合の資金ですが事務所等の開設のための資金のみですので起業にかかるお金は少なくすみます

ただ、資格取得がまだの場合には勉強のために時間を費やすリスクもありますね。社会保険労務士の起業をする余裕があるのかどうか。

 

 

 

資格さえ得てしまえば独占的に行える仕事が主ですので安定した収入が得られる大きなメリットがあることは確かです。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~さ行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る