産業廃棄物処理業の起業の難しさとは何か?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

産業廃棄物処理業の起業の難しさとは何か?

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (196)

産業廃棄物処理業の起業は近年の規制強化で厳しさを増しています

産業廃棄物処理業の起業はこれからの日本社会に必ず必要になっていくものです。

 

 

 

規制が強化され廃棄方法などにも指定が増えてくれば、産業廃棄物処理業のビジネスチャンスは広がることになりますからね。

 

 

 

ただし、産業廃棄物処理業の需要が増えるといっても起業をし規模を拡大するといったことは厳しいことが予想されます。

 

 

 

なぜなら、産業廃棄物処理業が身近にあることを近隣住民が快く思わないからです。

 

 

 

産業廃棄物処理業はこれまで無許可営業や無断廃棄などの問題で地方自治体の許可や住民の理解などを得るための手続きがたびたび難しくなってきています

これから産業廃棄物処理業を起業するということは新たな土地で起業をするために地域住民の理解を得ることから始めることになるでしょうね。

 

 

 

自治体からの許可が得られたとしても起業がスムーズに運ぶとは限らないというところが産業廃棄物処理業の起業の難しさだと思います。

 

 

 

産業廃棄物処理業では中間処理や最終処分といった役割がそれぞれの工場にあります。

 

 

 

中間処理では有害物質を無毒化するための処理が行われ、最終処分場で埋め立てるなどして最終的な処理を行います。

 

 

 

産業廃棄物処理業としてどの役割を担うのかによって得るべき許可がが異なってきますので、都道府県の保健所等に相談をするといいでしょう。

 

 

 

現在でも最終処分場の不足による問題など産業廃棄物処理業の起業に関わる課題が多く残っています

住民とのやり取りなどでしっかりと理解を得るほか、健康問題などへの万全の対策が産業廃棄物処理業には求められていますね。

 

 

 

起業資金の多くは処分場の建設費や車両の調達のために使われることになります。

 

 

 

ある産業廃棄物処理業の起業ケースでは9000万円ほど計上されていますね

 

 

 

長期的な視点で産業廃棄物処理業を見据えての起業をするべきビジネス分野と言えそうです。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~さ行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る