自動車整備業の起業での利益の確保はどうするべきか?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

自動車整備業の起業での利益の確保はどうするべきか?

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (193)

カー用品店やガソリンスタンドなどで兼業する形での自動車整備業の起業も増えており、自動車整備業の工場が増えていることが売上低迷の原因といわれています

自動車整備業専門で立ち上げられた工場では集客をする上で不利な立場に立たされている状況ですね。

 

 

 

これから自動車整備業の起業を考えるのであれば、利益の確保のための独自の集客力が必要になってくるでしょう。

 

 

 

なお、自動車整備業の起業のために必要となる資格があることを覚えておきましょう

自動車整備業の工場には認定工場と指定工場という分類があり、起業するためにはどちらかの都道府県からの指定を受けることが必要です。

 

 

 

技術部員としての従業員が一定数必要なほか、最低限必要となる機材も決められています。

 

 

 

それらをクリアした上で地方運輸局に書類を提出し指定を受けます。

 

 

 

自動車整備士が複数名必要なので、自動車整備業の起業では人材確保から始めるといいと思います。

 

 

 

現在の自動車整備業はユーザー車検代行業者などに顧客を奪われている面もあります

起業しても安さではどうしても負けてしまう点が多いため、サービス品質の向上など技術面以外での工夫もしておきたいですね。

 

 

 

単なる自動車整備業の仕事の起業だけではなく、整備と一緒に付加サービスをするところも増えているようです。

 

 

 

例えば、座席の簡単な洗浄や待ち時間に楽しめるカラオケ施設があります。

 

 

 

「もう一度利用したい」と思えるような、他の自動車整備業との差別化を起業時には意識するといいでしょう。

 

 

 

工場建設のために起業資金は一億円オーバーになることも珍しくありません

機材の確保など最低限必要なものを揃えるだけでも高額な起業資金が必要ですので、ビジネスプランの策定は慎重に行なっておきたいですね。

 

 

 

減価償却なども踏まえて、利益を確保するためにできることを見つけなければなりません

 

 

 

地域の競合店の調査は特に重要ですよ。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~さ行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る