通所リハビリテーションの起業では何をする必要があるのか?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

通所リハビリテーションの起業では何をする必要があるのか?

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (190)

通所リハビリテーションで起業するさいにするべきことってなんでしょう?

通所リハビリテーションとはリハビリを必要とする要介護者を支援するための施設です。

 

 

 

通所リハビリテーションの起業ではリハビリを支援するために医師やサポートを行う従業員が必要です。

 

 

 

理学療法士や作業療法士であれば看護職員として常に1名以上の確保が必要な他、医師も常勤で必要になる人員です。

 

 

 

また、彼らを支える介護職員もいるとサポートがスムーズに行えます。

 

 

 

看護職員と介護職員は理学療法士などが両方サポートするといったこともあるようです。

 

 

 

通所リハビリテーションは安定期にある患者さんが中心となりますので起業時には居宅サービスとの連携も組み合わせることが考えるといいみたいです

通所とあるように最終的には自宅での生活を目標としてリハビリテーションを行なっていくことになりますからね。

 

 

 

また、通所リハビリテーション起業前に自分の得意とする分野を決めておくといいかもしれません。

 

 

 

リハビリテーションといっても身体の障害だけでなく言語障害や認知症など様々なタイプの症状があるからです。

 

 

 

通所リハビリテーションの起業では介護保険制度に適用した指定事業者になることが通常です

従業員数や施設の充実度といった重要事項をクリアすることで都道府県からの指定を受けると介護保険制度に適用した上での起業ができるようになります。

 

 

 

通所リハビリテーションで居宅サービスを主とするのか、通所リハビリテーションのための診療所を構えてそちらでのリハビリを主とするのかといった自由はありますね。

 

 

 

病院や診療所を経営している状態からの通所リハビリテーションの起業は従業員の指定などとの相性がいいので、併設する形で起業するケースも多々あります

これから新規で介護ビジネスに参入するといった場合でも通所リハビリテーションの起業にはチャンスがありますし、これから増える高齢者からの需要に応える体制を整えておくといったことは先行きもよいでしょうね。

 

 

 

医療福祉としての重要な役割を担う価値のある起業ビジネスです。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~た行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る