短期入所療養介護の起業で施設の利用数を増やせるのか?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

短期入所療養介護の起業で施設の利用数を増やせるのか?

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (191)

短期入所療養介護の起業によるメリットを受けやすい方がいます

今すでに病院や診療所や老人ホームといった施設を運営されている方であれば、短期入所療養介護を起業するメリットがあります。

 

 

 

そのような施設と短期入所療養介護の起業はとても相性が良いからです。

 

 

 

なぜかというと、生活支援をする居室や食堂といったものがあれば短期入所療養介護は介護保険事業者として指定を受けた上で起業ができるからですね。

 

 

 

リスクもそれほどなく施設の空き部屋などの利用数を増やせるので短期入所療養介護の起業には大きなメリットがあるんです。

 

 

 

そもそも短期入所療養介護は何なのか?

起業を考える前に簡単に説明しておきます。

 

 

 

短期入所療養介護とは老人ホームの短期入所のための施設と考えるといいでしょう。

 

 

 

基本的に介護の必要がない方は自宅での暮らしをしているといったケースが日本ではよくあります。

 

 

 

しかし、生活を支えてくれている介護者が不在となってしまう時や、病気などでどうしても介護が必要となった時などに短期入所療養介護が利用されるわけです。

 

 

 

短期入所療養介護の起業ではそういった方々が困ったときの助け舟として社会的に役立てるビジネスといえるでしょう

これから高齢者増が予想される今だからこそ、起業するチャンスのある分野といってもいいですね。

 

 

 

介護保険適用を受けるためにはいくつかの条件をクリアする必要も出てきますので、新規での短期入所療養介護の起業は難しいところもありますが、すでに施設のある方であれば有利な形で短期入所療養介護を起業することができます。

 

 

 

短期入所療養介護の起業では新規か併設かどうかで起業資金もかなり変わってきます

新規ですと2000万円ほど必要になるところが、併設では空き部屋を利用したりすればいいのですから格段に低資金での起業ができそうですね。

 

 

 

今あるものをもっと有効活用したい方や、施設の利用数に不満のある方にとって短期入所療養介護の起業は向いています


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~た行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る