需要の増える短期入所生活介護の起業について

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

需要の増える短期入所生活介護の起業について

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (189)

短期入所生活介護は需要が増えることが予測されている起業ビジネスです

短期入所生活介護は別名ショートステイとも呼ばれ、自宅での自立生活を支える介護施設として利用されています。

 

 

 

自宅ではできないことを短期入所生活介護によって支えるんですね。

 

 

 

短期入所生活介護を起業する場合は、老人ホームの事業に併設するようにして始められることが多いです。

 

 

 

起業のさいには介護保険制度適用を受けるために都道府県からの指定を受ける方が好ましいですね。

 

 

 

短期入所生活介護の起業で指定を受けるためには、医師や介護職員栄養士や調理師といった資格を持った従業員が必要となります

起業資金の負担ともなるところなのですが、保険制度のおかげで起業して軌道に乗せてしまえば大丈夫ですよ。

 

 

 

起業前から必要となる従業員を集めておく必要があるほか、施設に関しての条件もクリアしなければならないので、起業して短期入所生活介護に参入するための前提となる知識は多めとなっています。

 

 

 

短期入所生活介護の設備に関してですが、居室の他にも食堂や浴室など老人ホームとほぼ同じ必須設備が指定されています

定員についても指定があり、20人以上の定員でなければ短期入所生活介護を起業することはできません。

 

 

 

ただし、老人ホームとの併設で短期入所生活介護を起業する場合には合計して20人以上になればよいようです。

 

 

 

併設の場合には短期入所生活介護の起業が、空き室の回転率を上げるビジネスにもなるということですね。

 

 

 

短期入所生活介護の起業は自宅介護の増えるであろう今後の需要増が見込めます

自宅にこもりがちな一人暮らしでの老人でも利用しやすいというメリットもあるほか、被介護者の家族である介護者が介護できない時などの利用もありますね。

 

 

 

都道府県によっても起業に関してのサポートの違いもありますので、地域の担当課に相談して具体的な短期入所生活介護の起業アイデアを練るといいでしょう。

 

 

 

人々の生活を支えるビジネスとしてやりがいのある起業になるとおもいますよ。 


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~た行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る