雑貨店の起業で回転率を意識すべき理由

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

雑貨店の起業で回転率を意識すべき理由

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (181)

雑貨店の起業では回転率への意識がポイントとなります

雑貨店では商品の回転率がそれほど高くないことが特徴です。

 

 

 

雑貨店では商品構成など購入したいもの以外も含めた品揃えが求められていますからね。

 

 

 

中には回転率が悪すぎて買ってもらえるまでに損傷が激しくなって売れなくなってしまうものもあるそうです。

 

 

 

回転率の悪い商品を雑貨店の在庫にためてしまっては経営もうまくいきませんから、商品ごとの回転率を意識することが利益を生み出すポイントとなるんですね。

 

 

 

起業を考える際には規模に応じて商品のラインナップを考えておきましょう

例えば、園芸用雑貨専門店として雑貨店を起業するのであれば、狭い敷地では十分な商品が並べられませんよね。

 

 

 

少額の資金で起業するといった際には小規模な店舗でもできるような、小物雑貨店などにするといいと思います。

 

 

 

多少狭い店舗でも商品の演出次第で魅力的な印象を与えることができるのが面白いところ。

 

 

 

起業では自分のセンスを磨くための勉強もしておいたほうがよさそうです。

 

 

 

一般的な雑貨店でのモデルでは1500万円程度の起業資金が目安となっています

小物等を揃えると面積の割に仕入れ費用がかさむので注意ですね。

 

 

 

最初に揃える商品はリストにまとめて回転率なども試算しておき、ビジネスプランを作っておきましょう。

 

 

 

在庫数などが適切に管理できるだけでも、利益率をアップしやすくなりますからね。

 

 

 

起業する時点で経営力が求められるという意味では雑貨店を始めるための前提となる知識も出てきます。

 

 

 

雑貨店は競合店が多いことで起業後の集客がうまくいかないことがあります

そのような場合には雑貨店舗の一角に独自の商品を並べるようなスペースを作ると、ユニークさを演出することができますよ。

 

 

 

お客さんが店舗に来てくれるきっかけとなるようなインパクトのあるユニークな演出をすることが重要です。

 

 

 

起業の際にはそのユニークさを決定づけるようなコンセプトがあると便利ですね。

 

 

 

お店の売りになるような素敵なものを起業アイデアの段階にあると、何が必要なのかわかりやすくなります。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :   

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~さ行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る