宅地建物取引業の起業では何がポイントなのか?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

宅地建物取引業の起業では何がポイントなのか?

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (172)

起業して宅地建物取引業をする場合のポイントとはなんでしょうか?

宅地建物取引業では消費者からの目線で宅地建物の取引にトラブルの元となる問題がないかチェックをする仕事です。

 

 

 

消費者保護のために行う仕事ですが不動産会社や住宅会社からの委託で仕事をすることになります。

 

 

 

個人の方を相手にすることが多いので宅地建物取引業は個人事業として始めやすいのが特徴です。

 

 

 

独立をして起業をする場合には実務経験が必須といっても言い過ぎではありません

実際に仕事をしている宅地建物取引業では不動産会社で雇用して業務を行うことがほとんどですからね。

 

 

 

宅地建物取引業では宅地建物の取引を円滑に行うために重要事項の説明や種類の内容などをチェックすることで、取引上のトラブルを未然に防ぐものです。

 

 

 

実務経験を積む段階で起業を踏まえた勉強をしておくと理想的です。

 

 

 

宅地建物取引業は責任感の重さから有資格者でなければ業務ができません

宅地建物取引業法では取引主任者として許可を得た者が必要となります。

 

 

 

宅地建物取引業を起業するのであれば営業保証金という供託金が必要となりますので起業資金として計算しておきたいですね。

 

 

 

全て合わせて200万円程度、起業のための資金として準備しましょう。

 

 

 

実務経験を積む段階で仕事を獲得するためのコネが構築できていればそれほど難しいビジネスではありません。

 

 

 

宅地建物取引業として雇われのみとして仕事をしていく中で宅地建物取引業の起業を踏まえた土台を構築していけるのが独立起業のための道筋としてはわかりやすいですね

説明能力を求められるなどトラブルを防ぐという意味では難しい仕事ですのでやりがいのある起業のテーマとも言えますよね。

 

 

 

様々な不動産取引の場面であなたが活躍できる場所を起業前から見つけておくといいでしょうね。

 

 

 

消費者としては高額なお買い物となる住宅物件などの取引では、契約前にしっかり知っておきたいことはたくさんありますから。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~た行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る