個人で始める税理士の起業とはどんなもの?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

個人で始める税理士の起業とはどんなもの?

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (171)

税理士は個人事業として起業のできるお仕事です

税理士が必要とされるのはどんなシーンだと思いますか?

 

 

 

税金を払うのは大企業だけでなく、中小企業もそうですし個人の方も納税のための手続きをしていますよね。

 

 

 

税理士はそのような税に関わる方全ての人のために役立つことのできる仕事です。

 

 

 

起業をしない場合であれば、既存の税理士事務所でアシスタントとして働くといった形になりますね。

 

 

 

税理士として新規に起業するのであればあなたに必要となるものがあります

それはこれから税理士を必要とする起業家の方たちとの人脈です。

 

 

 

多くの企業は起業した際に税務に関する専門職として税理士とすでに契約を継続しているものです。

 

 

 

ですので、これから起業をするという方たちとのコミュニケーションを始めることから新規のお客さんを見つけていくことが起業に不可欠となります。

 

 

 

起業家を探すのであれば創業セミナーなどがありますのでセミナーを通して税理士を必要とする起業家の皆さんと知り合うことから始めてみましょう

起業家間のコミュニティとの繋がりを持つことでそれからの仕事を増やすといったこともしやすくなりますよね。

 

 

 

税理士ではどうやって仕事を確保すればよいのか、まずその点について計画を立てておくべきです。

 

 

 

税理士として起業するには公認会計士の資格が必要な他税理士連合会への登録も必要です

作業自体は会計ソフトなども進歩していますので個人でできますし、自宅でもできると思いますが事務所を構えることを勧める方が多いですね。

 

 

 

情報を扱う仕事ということもあり、小規模でもいいので仕事専用の事務所を構える方が税理士として格好がつく形です。

 

 

 

起業資金は事務所を構えるとして200万円程度が目安となります

コンピュータソフトなどが高く消耗品や人件費は少ないので、起業後の負担は物件の賃貸料が主となるでしょう。

 

 

 

また、営業費や同業者からの仲介料として余剰資金があると便利です。

 

 

 

まずは仕事を獲得することが税理士の起業では大切ですから。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~さ行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る