公認会計士の資格でできる起業ビジネスとは何か?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

公認会計士の資格でできる起業ビジネスとは何か?

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (170)

公認会計士の資格はさまざまなビジネスシーンで活躍することができます

ビジネスの様々な場面で活用できる知識ですので独立して起業したいという場合には、どのような役割として活躍するのかが重要です。

 

 

 

基本的には公認会計士にのみ認められている監査業務で起業するのが一番ですね。

 

 

 

また、税理士として働く税務業務など企業では必ず必要となるポジションに付くことができます。

 

 

 

ただし、どのように起業してから業務を得るのかといった問題に直面する人が多いですね。

 

 

 

やはり、仕事を得るのは公認会計士でも難しいことですから。

 

 

 

多くの公認会計士の場合では同業者からの紹介で仕事を得ることがよくあるようです

直接仕事を得るためには信用を構築していかなければならないということですね。

 

 

 

需要の高い公認会計士といえども、信用がなければ仕事は任せられない重要な職務ということでしょうね。

 

 

 

今ではコンサルティング業務としても需要の高まっている公認会計士ですので、起業後に自分の力で営業をするといった方法もあります。

 

 

 

公認会計士コンサルティング業務の起業の場合には財務を超えた業務に関してのコンサルティングを行うこととなり、さらに深い知識が要求されます

時にはクライアントを困らせてしまうような指示もすることになるため難しい仕事です。

 

 

 

起業後は公認会計士の資格を得ただけでは不十分だったという場面にも直面しますが、実務経験が次の仕事を充実させることにも繋がりますからコンサルティングではあなた自身が諦めないことも重要ですね。

 

 

 

公認会計士の起業では事務所の賃貸料の他アシスタントが必要となる点もあるため人件費もそれなりに必要となります

起業資金として500万円程度は必要となることでしょう。

 

 

 

営業のための資金もある程度確保しておき起業後のスタートダッシュの勢いをつけておきたいところです。

 

 

 

資格を得てからが大変とも言われる公認会計士の起業ですが、安定のしたビジネスをしやすい分野というのが最大のメリットですよね。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :   

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~か行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る