建築士資格を得てからの起業はどんな流れなのか?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

建築士資格を得てからの起業はどんな流れなのか?

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (169)

資格が必要な仕事として建築士はメジャーな仕事の1つですよね

建築士の資格を得てから起業するまでにはどんな道のりがあるのでしょうか?

 

 

 

建築士になったとしても建築の仕事を直接請け負うことは稀です

 

 

 

例えば、マイホームを立てるとしても建築士に直接相談するよりも前に不動産業者などにマイホームを専門とする業者に相談することになりますよね。

 

 

 

そのように建築士として起業をしても仕事を直接得るといったことはほとんどありません

 

 

 

仕事を請け負うのはあなたへ建築士の仕事を依頼する建築会社からとなるケースがほとんどでしょう。

 

 

 

起業をする場合には建築会社から仕事を受ける必要があるためにいきなり独立をして起業をするといったことは難しいでしょう

業者間の人脈などを通さなくてはいけないために起業をするといっても個人事務所として始めて、いくつかの業者を通して仕事を受けることから始まります。

 

 

 

個人で始められる事業ではありますが、建築を行うための起業ではこのような限界に直面することになります。

 

 

 

今新しい形として建築士が求められていますので建築することにこだわらなければ、新しい事業として起業するチャンスはあります

例えば、建築士資格を活かした環境コーディネーターなどデザインなども配慮する能力があれば、他の建築士とは違うあなただけの仕事を見つけることもできますよね。

 

 

 

また、建築物件の調査鑑定に建築士の資格を活かすこともできます。

 

 

 

建築士資格を得たからといっても仕事を限定的に捉えずにさまざまな起業アイデアを立ててみると可能性を広げることは十分できそうですよね

実際、有資格者が常に求められる世界でもありますので、資格をどのような形で活かせるのか、そうした視点で起業を考えてみるといいのかもしれません。

 

 

 

起業資金は事業所や簡単な作業所を作るだけですので、50万円から100万円程度でどこでも始めることはできますね。

 

 

 

資格さえ取れれば手堅いビジネスができるのが建築士の魅力です。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :   

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~か行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る