高齢者向賃貸住宅経営の起業で気を付けておきたいこととは?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

高齢者向賃貸住宅経営の起業で気を付けておきたいこととは?

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (162)

高齢者向賃貸住宅経営の起業では注意点があります

まず最初は起業するさいに老人ホームなどの介護福祉施設と紛らわしいことです

 

 

 

介護福祉施設の場合では都道府県からの許可が必要になりますが、高齢者向賃貸住宅経営では介護事業ではありませんので不要ですよね。

 

 

 

しかし、高齢者向けということで紛らわしいため違いをハッキリさせるためにも都道府県の対応部署に相談しておくことが不可欠です。

 

 

 

介護事業として罰則を受ける可能性もありますので、違いを付けるために何が必要なのか相談をしながら起業の準備を進めておきたいですね。

 

 

 

高齢者向賃貸住宅経営を利用する方の多くは老人ホームなどに入所できない方です

金銭的な問題だけでなく供給不足により定員オーバーもありますね。

 

 

 

起業の際には地域の需要と供給のバランスを調べておくことでどんな利用者が獲得できそうか起業計画の段階で高齢者向賃貸住宅経営の進め方が見えてくるはずです。

 

 

 

高齢者向賃貸住宅経営の起業のための資金ですが介護事業と違い地主になる必要がありません

ですので、比較的安価な資金で起業できるのも高齢者向賃貸住宅経営のメリットですね。

 

 

 

介護がそれほど必要ない人向けに特化した高齢者向賃貸住宅経営をすることで、安価にサービスができるのも社会奉仕として評価されるポイントです。

 

 

 

入居者からの賃貸料が主な収入源ですが、一般的な住宅施設と違い入居の負担は減らすほうが入居者を獲得しやすいようですね。

 

 

 

高齢者向賃貸住宅経営の起業をする場合の選ぶべき立地ですが駅など公共機関に近いことが理想です

ただ、マイクロバスの送迎サービスなどを代わりにして起業することで解消しても喜んでもらえますね。

 

 

 

起業する高齢者向賃貸住宅経営施設を利用する方の多くはこのような生活改善のためのサービスなどを求めています。

 

 

 

地域の生活必需施設なども踏まえ、どのような形で付加価値が付けられるのか高齢者向賃貸住宅経営ではそのような配慮を求められることが多いです。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~か行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る