人材派遣会社の起業は厳しいのは本当なのか?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

人材派遣会社の起業は厳しいのは本当なのか?

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (160)

人材派遣会社の起業は今では厳しいとされるのを知っていますか?

派遣事業は登録している人材を随時雇用し依頼者に派遣する一般労働者派遣事業と、人材をあなたの会社が常時雇用している特定労働者派遣事業の2つの方法があります

 

 

 

人材派遣会社として起業しやすそうに見える一般労働者派遣事業ですが、現在では審査が厳しくなっており大臣からの許可も必要など、雇用不安に対応するための規制により参入は厳しくなっています。

 

 

 

すでに人材派遣会社のビジネスの世界では新規参入が難しいほど熟成してしまっているので、ゼロから新規参入での起業を考えるのはやめておいたほうがよさそうです

これから人材派遣会社を起業するのであれば、専門分野に特化したこれまでに無いようなものが求められますね。

 

 

 

例えば、専門的な資格や知識を備えた特定の分野の人材を集めるといった方法であれば起業資金を無理なく運用できるでしょう。

 

 

 

特定労働者派遣事業で人材派遣会社を起業するのであればプログラマーの派遣として確立している会社もあります

起業時にはどのような分野であれば専門的な人材を人材派遣会社で求められやすいのか、派遣労働者を求める顧客のニーズを知ることが重要です。

 

 

 

人材派遣会社の中でも特定労働者派遣事業であれば人材として登録する側も雇用が安定していますので登録してもらいやすいですし、分野によっては起業を成立するだけの条件があるかもしれません。

 

 

 

事業所などにより1000万円程度の起業資金を考えておくといいでしょう

人材派遣会社の企業自体は難しくありませんが、人材を確保する方法、顧客の獲得などの条件をクリアできるかどうかが重要です。

 

 

 

起業をする以前にビジネスを成功させるためのカギを握っておかなければ、新規参入者として人材派遣会社の起業を成功させるのは大変なことでしょう。

 

 

 

熟成した分野だからこそさらなる熟考が求められ、隠れたニーズに応えなければならないという難しさが人材派遣会社の起業にはありますからね。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :    

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~さ行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る