日本の介護事情に合わせた介護ショップを起業しよう

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

日本の介護事情に合わせた介護ショップを起業しよう

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (155)

日本の介護では自宅で行う形もありますよね

そのようなシーンで介護ショップの利用がされることが日本の介護事情をみると特徴的です。

 

 

 

介護ショップの起業が必要とされることが多いのは車椅子が必要という方ですね。

 

 

 

介護ショップで車椅子を扱う形態には販売の他にレンタルといったものも可能です。

 

 

 

なぜなら、介護保険制度により保険金の給付が受けられるからですね。

 

 

 

そのため利用者からでも介護保険対応の車椅子を求める声が高く、人気の高い商品はある程度決まっているのが現状です。

 

 

 

介護ショップの起業は今注目されているビジネスです

それは介護ケアセンターの起業などで多く見られる人件費の高さが介護ショップであれば少なく済むからです。

 

 

 

実際、日本では自宅介護をしたいという方も少なくありませんし、自宅で介護するための介護用具があればよい場合はよく見られるんですよね。

 

 

 

起業するならどんな用具があれば自宅で介護ができるのかという事を知らない人のために役立つような介護ショップの起業がこの業界の市場を広げるポイントとなるでしょう。

 

 

 

介護ショップの起業を行う上では介護保険制度に対応するために指定業者にならなければなりません

指定業者になるためには都道府県にある介護保険担当部署に相談をしておくといいでしょう。

 

 

 

都道府県から指定を受けることで販売やレンタル時に介護保険の給付を受けることができますから、介護ショップの起業を有利に運ぶことができますよ。

 

 

 

介護ショップで介護用品の仕入れ代金などを考えると1000万円以上の起業資金を準備しておきたいですね

1500万円程度あれば介護ショップの商品の充実度は十分高められると思います。

 

 

 

実際につかうこともできるような展示スペースなどを考えて、不動産や店内の内装などを考えていきましょう。

 

 

 

保険があるといっても高い買い物になりますから、起業後も消費者の判断は厳しいものが予想されます。

 

 

 

起業計画の際にはどんな介護シーンでどんな用具が便利に使えるのかといったことを抑えておくと接客の質の高さを高められると思います。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~か行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る