おでん屋を起業する上で気をつけたい3つのこと

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

おでん屋を起業する上で気をつけたい3つのこと

読了までの目安時間:約 3分

起業の仕方!完全マニュアル (433)

 

 

おでん屋を起業するために気をつけるべき3つのことを紹介します

 

まずは、おでん屋を起業する立地についてです。おでん屋は立地次第で客層が変わってしまうため、立地によっておでん屋のコンセプトを変えたり、予め決めておいたおでん屋のコンセプトに対して相性の良い物件を探すことになります。

 

例えば、ビジネス街ではファミリーよりもサラリーマンの方が足を運びやすくなりますよね。おでん屋を起業する前に立地とコンセプトを決めておくことで客層を明確にしておきましょう。

 

おでん屋では定番だけではお客さんを満足させられません

 

例えば、大根やたまごといった王道メニューはおでん屋を起業する上で重要なポイントになりますが、お客さんとしてはそこにさらにプラスした何かが欲しいわけですね。新しい体験をお客さんに提供するためには、起業するおでん屋の特徴となるメニューを考えておくことが必要になります。

 

おでん屋ならではのアレンジメニューをいくつか持っておくと、あなたの起業したおでん屋にリピートする必要性も出てきますからファンの獲得にもなる重要なことですよ。

 

起業計画は厳密に作っておくべきです

 

おでん屋を起業するのであれば狭い店舗でもいいわけなので、500万円ほどの少ない資金でも起業することはできます。起業計画はおでん屋を開業してからの具体的な売り上げ目標を明示することでもありますので、おでん屋の状況を知る道標にもなる重要なものです。

 

おでん屋が成功したのか失敗している点があるのか、自分にとって理想的な経営ができているのかその都度判断するために起業前から具体的な計画を打ち立てておきましょう。

 

これらのポイントを抑えておくだけでもおでん屋の起業は成功させやすくなります。フランチャイズなどの複数の方法で開業することができるのですから、より自分にあったおでん屋を目指して行動を起こしていきましょう。お客さんに受け入れてもらうおでん屋に育てていくことが起業を目指すあなたに必要なことです。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~あ行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る