ケアハウスの起業にはどのような条件があるのか?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

ケアハウスの起業にはどのような条件があるのか?

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (153)

ケアハウスの起業では意外と知られていない起業条件があります

ケアハウスでは入所者への生活介護や在宅サービスなどをするのですが、法律上ケアハウスとして運営するための建造物の基準があります

 

 

 

店員は30人以上で居室面積にも条件があり、居室以外に最低限必要とされる食堂や洗濯室といった設備が必須となっています。

 

 

 

つまり、ケアハウスを起業する際には基準に合わせた建物を立てることから始まります。

 

 

 

しかも、建設予定地が借地であることは許されないため事業者が購入する必要があります。

 

 

 

このためケアハウスは起業資金が大きいのです。

 

 

 

また、ケアハウスビジネスでは介護保険制度による報酬をもらうことが前提なのですが、事業者指定を受けるための条件もクリアしなければなりません

ケアハウスを起業するためにはこのような知識があることが前提となるため、制度に関するノウハウがない状態では起業をするのは困難でしょう。

 

 

 

社会福祉法により、参入するために都道府県知事の許可が必要になるなど、起業の初期段階でのハードルは高めです。

 

 

 

介護に関する知識があっても、起業資金がないという方の場合には助成金や低金利融資を最大限利用することをオススメします

助成金は自治体によって違いもありますので、ケアハウスの起業を予定している地域でどのような制度があるのか確認しておきましょう。

 

 

 

国や都道府県や市町村単位でそれぞれ助成金を受けられる制度があります。

 

 

 

ケアハウスでの収入源は基本的には入所者から得るお金です

助成金によって支出の負担を減らすことはできますが、設備を最大限活用するだけの入所者を確保することが経営においては最も重要です。

 

 

 

定員数は建造物を立てる際に全て決まってしまうため、ケアハウスの起業では初期プランを特に精査して決めていきましょう。

 

 

 

市街地に近い土地であれば、入所者は比較的得やすいです。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~か行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る