ルート開拓が重要なリサイクルショップ起業の特徴とは?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

ルート開拓が重要なリサイクルショップ起業の特徴とは?

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (152)

リサイクルショップの起業で抑えるべきことはどんな店にするかどうかです

リサイクルショップは不況続きで小売店の廃業が増える中でも、市場が拡大しているビジネスです。

 

 

 

リサイクルショップの起業を考える時には、どのような人を対象にしているか考えて店のコンセプトを決めるといいでしょう。

 

 

 

初期投資に余裕があるならフランチャイズでの起業も選択の余地があります。

 

 

 

安く仕入れる算段があればあとは売るだけですので、リサイクルショップは小売事業の中でもシンプルなビジネス起業のモデルです。

 

 

 

リサイクルショップは古物商ですので、扱おうと思えばどんなものでも売買できるのですが、仕入れと売却の効率を考えると、あるジャンルに特化させることが得策です

例えば、中古ゴルフショップや中古楽器や家具・電化製品などがあります。

 

 

 

顧客は必ずしも個人だけでなく、オフィス用品や業務用機器を事業者向けに販売するといったこともできます。

 

 

 

リサイクルショップの起業の考え方としては、中古品の流通ルートを開拓することをイメージしてください。

 

 

 

不況であればあるほどビジネスチャンスがあることがリサイクルショップの大きな特徴です。

 

 

 

特に仕入れルートの開拓はリサイクルショップの起業においてもっとも綿密な計画が必要とされるところです

安定して価値のある中古物品を仕入れられれば、あとは店舗での売却をするだけです。

 

 

 

価値を見極めるスタッフの育成も重要になりますし、安定した仕入れこそがリサイクルショップの起業での成否を分けるポイントといってもいいでしょう。

 

 

 

起業資金としては店舗に売り場を設けることを考えると500万円から1000万円ほどの初期投資が必要となります

扱う商品によって起業時に用意すべき仕入れ資金が違いますので、高額商品であればさらに必要資金が膨らみます。

 

 

 

また、大型の機器であれば倉庫管理費もかさみますので、それらを総合してビジネスプランを組み立ててみましょう。

 

 

 

店舗に関して、立地条件などは緩くすみますので一般的な小売事業よりは初期投資は安いのがリサイクルショップ起業の魅力です。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~ら行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る