遺品整理でどうやって起業し、ビジネスとして成り立っているのか?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

遺品整理でどうやって起業し、ビジネスとして成り立っているのか?

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (427)

遺品整理の起業についてみなさんはどんなことを知っていますか?

 

遺品整理というと遺族がするしかないものだと思うかもしれません。

 

 

 

しかし、現実には遺族がない方の孤独死なども増えており、第三者が遺品整理をするしかないケースがあるんです。

 

 

 

こうしたケースなどを中心に遺品整理サービスの利用数は増えてきています。

 

 

 

遺品整理と競合するケースとして便利屋の行う遺品整理もあるので、遺品整理として起業するのであればプロが行う遺品整理として独自のサービスを作っていくといいでしょう。

 

 

 

遺品整理で起業してからどんな依頼が舞い込むのかというと

 

なくなった方の住む部屋の家具や財産の処分だけでなく、その後に行う清掃も含まれてきます。

 

 

 

孤独死などでなくなった場合には部屋が傷んでしまっていることも少なくありませんから、リフォームや家屋の解体も含めて総合的なサービスが必要になってきます。

 

 

 

これらを考えると遺品整理サービスの起業が便利屋の起業程度では不十分ということに気付きますよね。

 

 

 

遺品整理では数人でできないような仕事を依頼されることが珍しくないのです。

 

 

 

遺品整理は複雑なサービスを求められる関係上

 

不動産業者や解体業者などといった業者間の連携が必要になるケースがあります。

 

 

 

独立して起業することを考えている場合に、こうした業者との繋がりがない場合にはフランチャイズでの起業も視野に入れておきましょう。

 

 

 

フランチャイズで遺品整理を起業するのであれば、遺品整理の基本となる業務に注力できるようになるメリットがあります。

 

 

 

小規模でも大きなことができるということはいいことですからね。

 

 

 

フランチャイズ本部に十分な集客力があればそれだけでも加盟する価値はあります

 

遺品整理で総合的なサービスを目指すのであれば、そうしたサービス展開をしているFCに加盟して起業するのが一番手っ取り早い方法でもあります。

 

 

 

加盟料などが負担になるなどデメリットもありますので、自分が起業を目指す遺品整理サービスに必要かどうかで起業方法を判断をしていきましょう。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~あ行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る