100円ショップの起業の今を知りたいあなたへ

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

100円ショップの起業の今を知りたいあなたへ

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (149)

100円ショップは薄利多売の典型的なビジネスモデルである

その100円ショップの起業を成功させるためには、顧客に対して商品に100円以上の価値を見出してもらう必要があります。

 

 

 

これから新規参入する場合には、大手100円ショップにも対抗しなければならないのだからフランチャイズとして起業をするか、自分だけの独自ルートから特色ある商品を販売しなければならないのです。

 

 

 

現在の100円ショップの競争は過渡期を過ぎ、いかに集客するかが焦点となっています

商品の値段は100円ですから、起業後は内装を工夫して高級感を出すなど店内の雰囲気を高めるといったことが求められます。

 

 

 

近隣の100円ショップと比較されることになりますので、他店舗とあなたの起業店舗にどのような違いを生み出すかでしか勝負出来ません。

 

 

 

より、経営を安定させるために中間コストや賃借コストをいかにおさえるかといった努力も重要になるでしょう。

 

 

 

実際に独自に100円ショップを起業している店舗はあるのだが大手100円ショップのような多様性のある商品構成はやはり実現できていません

独自ルートだけで維持できるだけの魅力的な商品があるなら、独自に新たな100円ショップを立ち上げるのもいいかもしれませんが、一番現実的なのはフランチャイズで起業をすることです。

 

 

 

フランチャイズで100円ショップを起業することのメリットは本部から下ろすことのできる魅力的な商品の数々です。

 

 

 

ただし、FCに加盟する都合上、独自ルートを活かした仕入れなどで工夫することができないデメリットがあります。

 

 

 

フランチャイズ加盟店として起業して、その許された範囲内で経営戦略を練ることになります。

 

 

 

100円ショップでの起業資金は商品が元々安いことから2000万円前後で店舗工事から加盟金まで揃えることができます

100円ショップの粗利益率は33%前後で、あとは常時2人から3人ほどの人件費と間接コストがかかる程度となっています。

 

 

 

不動産コストにもよりますので間接コストなどをふまえ、100円ショップの経営から利益を生み出せるかが起業するかどうかの判断のカギとなるでしょう。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~は行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る