新しい焼鳥店で起業のチャンスを狙うためにはどうすればいいのか?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

新しい焼鳥店で起業のチャンスを狙うためにはどうすればいいのか?

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (148)

焼鳥店の起業では集客が容易であることが魅力になります

立地さえよければ、中高年男性などの立ち寄りが期待できます。

 

 

 

近年では出費を抑えるために男性客が少なくなっているというデータのある焼鳥店ですが、女性客の見込み増により内装次第でチャンスのある起業プランも増えているのがポイントです。

 

 

 

従来では焼鳥店の煙などにより敬遠していた女性が多かったのですが、調理設備の進歩により煙の少ない焼鳥店が増えたことから女性向け焼鳥店の起業もされていますね。

 

 

 

このような新たな需要増により、焼鳥店は安価な飲み屋というイメージだけでなく、美味しいグルメとしての魅力も開拓されています

例えば、地鶏を使った焼鳥店といったコンセプトの起業もありますし、居酒屋としての魅力を増やすことで女性を含めた団体客を呼び込むビジネスモデルもいいでしょう。

 

 

 

低価格帯の焼鳥店か、食事の旨さを魅力とする焼鳥店にするのかによって起業からの展開方法も以前とは異なってきています。

 

 

 

焼鳥店は飲食店ですので、飲食店営業の許可を取ることから始まります

調理師などの資格があればベストですが、資格がなくても講習会により営業資格は得られますので起業に問題はありません。

 

 

 

深夜営業も行うのであれば深夜酒類提供飲食店としての営業許可も必要になります。

 

 

 

居酒屋焼鳥店を目指すのであれば深夜営業が基本となりますので、深夜営業の許可も取っておきたいですね。

 

 

 

店舗を構えるのであれば起業資金に3000万円前後を考えておきましょう

フランチャイズで起業するのであれば、ノウハウを持たない方でも起業して店を構えるまでスムーズに運ぶこともできます。

 

 

 

焼鳥店の起業では他店との違いを見出し、新たなニーズに応える店作りも必要になりますので、立地を決める方法が特に重要です。

 

 

 

年度末にかけて、空き店舗が増える時期がありますので、安く起業できる機会を狙って開業の準備を進めるのが得策ですね。

 

 

 

焼鳥店は事前調査が起業の成否に大きく影響するジャンルですので、準備にどれだけ力を入れられるかが分かれ道となるでしょう。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~や行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る