喫茶店の起業で重視するべきビジネスプランのポイントとは?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

喫茶店の起業で重視するべきビジネスプランのポイントとは?

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (147)

喫茶店の起業のあり方は近年になって大きく変わってきました

喫茶店といえば、多くの方は軽いランチが提供される雰囲気を重視したお店をイメージするかもしれません。

 

 

 

そのような従来型の喫茶店は現在では減りつつあり、セルフサービスを主軸とした手軽さを重視したファストフード店のような喫茶店が増えています。

 

 

 

特に外資系の喫茶店の起業ではその特徴がよく生かされていて、駅前の繁華街など競争の激しい地域での集客力の確保に利用されています。

 

 

 

喫茶店の起業では、立地によりニーズが異なるために客層を把握することが重要です

起業する前に候補となる立地それぞれで、どのような客層が集客できるのか調査しておくべきです。

 

 

 

例えば、学生の多い土地ではより低価格化を進めた喫茶店が人気が高い傾向にあります。

 

 

 

オフィス街では宅配ビジネスとして喫茶店が利用されることもあり、少し違った喫茶店の経営方針がニーズに合うかもしれません。

 

 

 

喫茶店を起業する際には、喫茶店営業許可または飲食店営業許可が必要になります

喫茶店営業許可ではパック詰めされたお菓子などしか提供できないため、食事サービスを充実させるには飲食店営業許可が必須となります。

 

 

 

飲食店営業の許可は保健所の講習会を受講するだけでも資格が得られます。

 

 

 

起業する際にはニーズに合わせる他にも、店のコンセプトを予め決めておくといいでしょう

コーヒーを本格的に提供する喫茶店や食事を重視したカフェ型のお店も人気が高いです。

 

 

 

どのようなコンセプトにするのか、そして客層に対してどのようなアプローチで起業し集客をするのか?

 

 

 

喫茶店を起業する際には、それらを踏まえたビジネスプランを立てることが重要となります。

 

 

 

起業に必要となる資金は不動産賃料にもよりますが1000万円から5000万円ほどの範囲が必要となるでしょう

厨房設備などをひと通り揃えなければならないので初期投資をどのように回収していくのかといった計画性が求められます。

 

 

 

競合店の数により売上に大きく影響されやすいビジネス分野ですので、下調べの時点でより正確な数字を出しておくことが喫茶店起業の成功のキーポイントとなります。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~か行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る