家電量販店の起業で重要となるメリットデメリット

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

家電量販店の起業で重要となるメリットデメリット

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (345)

家電量販店の起業ではどんなメリットデメリットがあると思いますか?

 

家電量販店といえばみなさんはどんなお店を想像しますか?

 

 

 

近年では大きな駐車場を備えた複数階あるビル全てが家電量販店というようなものも珍しくなくなってきましたよね。

 

 

 

家電量販店を起業するとしたらあのような大きな施設が必要になってくるものなのか。

 

 

 

小規模な方法でも家電量販店の起業を成功させることはできるのか。

 

 

 

家電量販店の起業で知っておきたいメリットデメリットと合わせて考えていきましょう。

 

 

 

家電量販店の大手チェーン店が競うようにして巨大なショッピング施設を立てているのは

 

家電量販店を起業するにあたってその店舗の規模が重要だと考えているからです。

 

 

 

家電量販店では様々なタイプの商品を見にお客さんがやってくるのですが、目当ての商品が見つからなければ他の家電量販店に商機を奪われてしまいます。

 

 

 

そして、「あっちのお店のほうが商品が多くある」とお客さんが思ってしまったら最後、もう自分のお店には来てくれないといった流れができてしまいます。

 

 

 

そうした機会損失を防ぐためには商品数を多くするために売り場面積を広げることがベストです

 

しかし、家電量販店を起業して取り扱うような商品は大きく、冷蔵庫のようにそれひとつだけでもかなりの大きさになってきます。

 

 

 

それを在庫も合わせて店舗に準備するとなるとスーパーマーケットのような広さではとても足りません。

 

 

 

家電量販店を起業するためにはとにかく規模を大きくするために100億円単位でのお金が必要になります。

 

 

 

小規模な家電量販店を起業するとしたら、大手チェーン店のような家電量販店をマネたような起業ではとても勝てないでしょう

 

商品数では勝てないのですからサービスの質を高めるしかありませんが、最近では保証制度も充実しているため資本力の低い家電量販店ではサービスでも勝てません。

 

 

 

ですから、潤沢な資本があることが家電量販店の起業では前提になってています。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~た行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る