ビヤホールの起業の意外なデメリット

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

ビヤホールの起業の意外なデメリット

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (322)

ビヤホールは繁盛しているところも多く、起業によさそうと思うかもしれません

 

立地の良いところで起業されたビヤホールは確かに繁盛しているものの、実はあまり儲かるビジネスではないそうです。

 

 

 

なぜなのかというと、最近の居酒屋のサービス内容の向上が影響しています。

 

 

 

ビールをメインとすることがビヤホールの醍醐味ではあるものの、お酒そのものだけでは居酒屋などにお客を奪われてしまいますから、ビヤホールを起業して成功することはそう単純なわけでもないんです。

 

 

 

では、どうすればビヤホールの起業はうまくいくのでしょうか

 

ビヤホールの忘れられがちな特徴として、イベントとの相性の良さがあります。

 

 

 

例えば、歌唱ライブや演芸などのステージイベントがあればビヤホールならではのお酒を楽しみ方が出てきます。

 

 

 

他の居酒屋との差別化ができてくればビヤホールとしての楽しみを目当てにお客さんが集まってくれますね。

 

 

 

あとは、こうしたイベントの企画などで、サラリーマンを主とするお客さんの満足度を高めていきます。

 

 

 

ビヤホールは女性からの支持も高いですから、OLなどの客層にも意識したサービスができると最高です

 

ビヤホールは男女両方から支持を得やすいビジネスとして、楽しみながらビールを楽しむ場を目指して起業していきましょう。

 

 

 

お酒以外に軽めの飲食物を揃えておけば、立地によっては家族連れからの利用も多いそうです。

 

 

 

場所や集客効率のいい時間帯などを調べておき、起業するビヤホールのサービスを決めておくといいかと思います。

 

 

 

ビヤホールの起業では広い敷地面積が必要ということで起業資金が高額になりがちです

 

30坪以上は最低でもほしいですから、設備を揃えるだけでも4000万円は必要になるでしょうか。

 

 

 

集客力のある立地での起業が前提になりますから、初期投資は惜しまずに投入していく覚悟を持たないといけませんね。

 

 

 

ビヤホールの起業では地元の人に何度も利用してもらえるような、地域になくてはならないものを目指した計画性が成功の秘訣です。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~は行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る