システム開発業の起業なら少人数で始められるメリットあり

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

システム開発業の起業なら少人数で始められるメリットあり

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (139)

少人数で始められるシステム開発業の起業をするメリットとは何か?

システム開発業は汎用コンピュータなどを用いてハードウェアの運用を含めたシステム開発の作業を行うものです。

 

 

 

システム開発業のほとんどは企業から受注して行う仕事なのですが、場合によってはシステムを販売することで利益を得るモデルもありますね。

 

 

 

想像しづらい仕事かもしれませんが、企業が管理システムの効率化を行うためにも新たなIT技術は常に求められているものだったりします。

 

 

 

受注を中心としたシステム開発業の起業をこれから始めるのであれば今はシステム構築から運用サポートまで一貫して行えるような会社が求められています

つまり、あなたの会社でシステム開発業をすることでそれ以降の管理でも利益を出せて、顧客側も面倒な管理運用を一括で一任できるというメリットがあります。

 

 

 

このような現状からシステム開発業の起業を行うのであればコンサルティング業に近い形で営業を行うことが望ましいですね。

 

 

システムの改善により効率化を進められる企業を探し、その会社にシステム開発業の仕事を一任してもらえれば最高です。

 

 

 

ただし、企業から信頼を得るだけの技術力やサポート力が必要となりますので、少人数で起業するとしても能力のある技術者でなければなりません。

起業した会社に他のシステム開発業者とは違う得意分野を持たせることが重要です

技術を高めそれを独自の技術として磨くことで、起業後の仕事の請け負い方がまるで違ってくるでしょう。

 

 

 

独自の技術があればそれを求める顧客からの発注が安定し、管理なども含め起業後の売上の安定感を作っていきたいところですね。

 

 

 

システム開発業での起業の失敗例があります

起業後に独自の技術が持てず二次的な請負になるなどして、作業量を増やすことでしか売上を伸ばせないといったケースです。

 

 

こうした場合には値下げの圧力をかけられ仕事はできても稼げないといったことになりかねません。

 

 

 

システム開発業を起業するのであれば、得意分野を開拓することを念頭に置き戦略を練っていくことをオススメします。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :   

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~さ行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る