ソフトウェア開発の起業で目指すべきこととは何か?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

ソフトウェア開発の起業で目指すべきこととは何か?

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (138)

ソフトウェア開発の起業は誰にでもできます

いちからソフトウェア開発での起業をする場合には、まずは自社開発により製品を作ることになるでしょう。

 

 

 

自社の開発力を高めるため、また肝心の収入源を得るためです。

 

 

 

この場合には何を開発するのか起業前からアイデアを練っておく方が得策ですね。

 

 

 

ソフトウェア開発の起業では自社開発による実績作りにより、会社の価値を高めていくことになります。

 

 

 

そうすることで仕事が舞い込むことにも繋がりますから。

 

 

 

ソフトウェア開発での起業では、開発者が独立する形で起業する場合もあります

つまり、務めていた会社での仕事を外注として自分の会社で受注するのです。

 

 

 

独立によりソフトウェア開発をする上での自由度が高くなりますし、より相場に適した価格で仕事を請け負うことで収入増を狙っての起業ですね。

 

 

 

独立してからは他の会社からの仕事も請け負えるメリットもあります。

 

 

 

実績の十分に獲得できている開発者の方にとっては独立を通しての起業が一つの目標ともいえますね。

 

 

 

自社開発にしろ外注にしろ、ソフトウェア開発においては秘密保持契約や特許を誰が持つのかは明確にしておくべきです

ソフトウェア開発での技術力を担保することにもなりますので、自社の価値を守るためにも特許の取得は積極的に行なっていきましょう。

 

 

 

ソフトウェア開発では特許があるかどうかで類似ビジネスによる損失を受けるかどうかがはっきりと決まってしまいますからね。

 

 

 

ソフトウェア開発の起業では500万円程度の資金があれば十分です

個人で自宅でやる場合にはもっと低資金で100万円程度でも始められるでしょう。

 

 

 

自社開発の場合には起業の際に市場調査を行い、作ったシステムでどれだけ売り上げられるか調べておくことで事業計画と綿密に立てておくことをオススメします。

 

 

 

個人でもできるソフトウェア開発の起業ですが、低資金で楽に儲けられるわけではありません

 

 

 

どのような方法で利益を生み出すのか計画はしっかり立てておきたいものですね。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~さ行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る