楽しく起業したいならボックスショップをやってみよう

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

楽しく起業したいならボックスショップをやってみよう

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (135)

ボックスショップはあなたのセンスを活かした起業ができるお店が作れます

ボックスショップとは雑貨屋のようなもので、特に何かを売ると決まっているわけではありません。

 

 

 

ボックスショップは商品を陳列すること以上に雰囲気作りを重視する傾向があります。

 

 

 

ボックスショップを起業する多くは主婦の傍らでビジネスを展開したい方や、手芸の手作りグッズの販売をしたい方、アーティスト志望の方などがいます。

 

 

 

自分好みのお店が作れるので自分の趣味に関連したボックスショップを作られる場合が多いですね。

 

 

 

楽しく起業したい方にオススメの事業です。

 

 

 

ボックスショップ自体を起業する場合と、レンタルボックスショップを利用する場合で起業のやり方は違います

ボックスショップ自体を起業する場合には、貸出をするボックスを準備しオーナーを募集し、基本的なボックスの管理をオーナーに一任します。

 

 

 

もしも、始めてボックスショップに関わるのであればレンタルのボックスショップでの起業から始めてみましょう。

 

 

 

ボックスショップによって全体の雰囲気が統一されていますので、自分の作り上げたいものに近いボックスショップを探すことから始めましょう。

 

 

 

ボックスショップでの売上から決められた割合がショップへ支払う手数料となり、残りがボックスのオーナーの売上となります

起業する上で重要なのはお客さんに注目してもらえるだけのユニークさを持つことです。

 

 

 

ショップのコンセプトにより客層は限定されていますので、あとは買ってもらうだけの価値を見出してもらう商品作りが重要ですね。

 

 

 

陳列での演出のこだわりが高いのもユニークさを持たせ、売上を伸ばすためのものなんです。

 

 

 

レンタルボックスで起業するだけなら月に数千円のレンタル料があればすぐに起業できます

資格や許可などは必要ありませんので開業手続きだけ済ませておけばOKです。

 

 

 

ボックスショップ自体を立ち上げる場合には、立地条件の良い店舗でなければオーナーが増えませんので物件賃貸料や内装費により1000万円ほど必要となるでしょう。

 

 

 

レンタルだけなら数千円で始められるので、稼ぐこと以上に起業を楽しみたい方には丁度いいビジネスになると思いますよ。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :   

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~は行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る