費用を抑えた起業ならたこ焼き屋がオススメ

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

費用を抑えた起業ならたこ焼き屋がオススメ

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (132)

飲食業の起業では出店費用が大きくなるのが問題です

たこ焼き屋であれば敷地面積が少なくていいので、他の飲食業に比べ起業資金が少なくてすみます。

 

 

 

最低でも2坪あれば出店は可能で、様々な場所でたこ焼き屋を起業できます。

 

 

 

ただし、たこ焼き屋は競争も激しいので自分のお店の価値をどのように生み出すかがコツです。

 

 

 

起業する際にはたこ焼き屋を専門店として打ち出すのか、他のものも含めた飲食店として打ち出すのか決めておきたいところですね。

 

 

 

たこ焼き屋専門店は味や素材への期待が大きくバリエーションも求められますね

たこ焼き屋専門店と聞いたら確かに期待してしまうものですよね。

 

 

 

その他も複合して提供するとすれば飲料やアイスクリームやかき氷など敷地面積に応じて限定されてしまうことに起業前から注意しておきましょう。

 

 

 

どちらにしても出店時にニーズに合わせることが重要です。

 

 

 

大型デパートのフードコートでは他店との競合により専門店の方が効率的ですし、スーパーの脇で出店するのであれば他の食べ物があった方が集客しやすくなります。

 

 

 

起業に必要な資金は100万円ほどあれば十分ですがフランチャイズで起業をする倍には加盟料を求められます

ただ、ノウハウや仕入れルートがない場合にはフランチャイズの方が負担が少ないこともありますので状況に応じて決めていくといいでしょう。

 

 

 

敷地面積が少ないおかげで少ない負担で起業することができる点がたこ焼き屋の大きなメリットです。

 

 

 

フードコートなどの好条件の立地が確保できれば競争も少なく、安定した集客力が得られます。

 

 

 

起業して開業するまでに飲食店としての許可を得ることを忘れずに

調理師などの資格があると便利ですがなくても食品衛生責任者になることはできます

 

 

 

たこ焼き屋でも衛生面を気をつけなければなりません。

 

 

 

たこ焼き屋の場合には子供からお年寄りまで利用者が幅広いですので、中に入れるタコの大きさなども配慮が必要となるでしょう。

 

 

 

人気のたこ焼き屋になることを目指して起業して、成功できたら最高ですね。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :   

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~た行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る