競争を勝ち抜けるカラオケボックスの起業とは?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

競争を勝ち抜けるカラオケボックスの起業とは?

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (126)

カラオケボックスの起業で知っておきたいことは競争が激化していることです

カラオケボックスの利用者数は全国で5000万人ほどいるんです。

 

 

 

飲み会のあとの2次会などで利用されることも多いカラオケボックスは起業の際には、他店舗との競争にどうやって勝ち残るかが重要となります。

 

 

 

例えば、飲み会の多い繁華街では2次会として利用してもらうために、居酒屋などと距離を縮めておく必要がありますよね。

 

 

 

このような狙いがある場合には立地条件が重要で、起業する前から戦略を練っておくことが必要となるわけです。

 

 

 

カラオケボックスを起業してみると気付くのは、夜間の利用は多くても

昼間(特にお昼ごろ)の利用は極端に少ないことです。

 

 

 

なので、昼間でも利用者数を稼ぐことのできるカラオケボックスを起業のキーワードにしておくことで、利用者数の定着を狙うのもアリだと思います。

 

 

 

昼間の利用者の獲得が期待できる立地であれば、ランチ提供なども組み合わせるといったアイデアもあります。

 

 

 

カラオケボックスを別の形のお店として起業させると考えたら、可能性が広がってきますね。

 

 

 

カラオケボックスの起業で必要となる資金ですが機材のリース代がかなりかさむので5000万前後からとなりそうです

ただ、人気曲をカバーするといったカラオケボックスでの必須事項は抑えることができますので、あとは起業したカラオケボックスにどうやって集客するかです。

 

 

 

カラオケボックスの利用料だけでなく、食事などからも売上が出せますので客層と時間帯を絞り込むことでより利益の出せる集客が狙えます。

 

 

 

昼と夜とではカラオケボックスの客層が大きく違うことは覚えておきたいですね。

 

 

 

複数店が連なるような地域でもキーポイントとなる場所に立ち上げるだけで他店の客の流入は十分に狙えます

競争の中でいかにチャンスを見出すか、カラオケボックスの起業で求められているのはあなたの経営センスともいえます。

 

 

 

繁華街や地方、場所に合わせてカラオケボックスの起業のあり方を考えてみましょう。 


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~か行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る