フィットネスクラブの起業にチャンスはあるのか?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

フィットネスクラブの起業にチャンスはあるのか?

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (125)

これからの起業でフィットネスクラブのチャンスはあるのでしょうか?

フィットネスクラブは都市部や郊外の人通りの多い場所での起業がよく行われていますよね。

 

 

 

フィットネスクラブは様々な顧客ターゲットをある程度限定したものが多く、性別や年齢層に適したサービスの質の高さが魅力的なんです。

 

 

 

子供にしっかり運動をさせたいという親御さんがいたり、年配の方が体に負担なくできる取り組めるスポーツを求めるなど、まだまだ需要が満たされていないポイントが今のフィットネスクラブにあります。

 

 

 

フィットネスクラブの起業を成功させるためには、どれだけ多くの会員を集められるかが成功の鍵ですね

しかし、どれだけ人口の多い都市部でもそれほど多くの方に幅広く提供するのは難しいので、特定のターゲットを決めることが重要なんです。

 

 

 

フィットネスクラブの起業戦略はいくつかあります。

 

 

 

安い価格でより多くの客数にサービスを提供するか、高い会員費を取り少数の会員にサービスをするかどうかです。

 

 

 

起業しても安すぎると会員となっても次に来てもらうことが難しく高すぎると会員数の現象が打撃となるため地域に合った戦略を常に求められることは覚悟しておきましょう

立地にもよりますが、想定する客層などに合わせて、起業するフィットネスクラブの規模を決めると戦略が練りやすいです。

 

 

 

今は超特化型の小型フィットネスクラブも人気が高いので、小型フィットネスクラブの方が人気になりやすいなんてこともあるらしいです。

 

 

 

大型のフィットネスクラブよりも、小さいほうが身近に感じられるのは確かに共感できますよね。

 

 

 

小型店舗の起業であれば2000万円程度から立ち上げが可能です

フィットネスクラブの起業ではどのような特色を持たせるかで資金の使い方が変わるので、機器への投資になるのかインストラクターへの人件費に必要なのかによって具体的な必要資金が決まります。

 

 

 

フランチャイズでの起業などいろんな視点からフィットネスクラブの起業を考えてみましょう。

 

 

 

大都市や地方でもチャンスの隠れているビジネスですからね。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~は行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る