フランス料理店の起業が減ってしまった理由とは?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

フランス料理店の起業が減ってしまった理由とは?

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (366)

フランス料理店は近年その起業数が落ち込んでいると言われています

なぜ、高級レストランとして地位の高かったフランス料理店の起業が減ってしまったのかというと、イタリアンなどの他のグルメ店にお客さんの興味が移ってしまったからなのだそうです。

 

 

 

 

いわゆる高級店としてのフランス料理店が日本のお客さんにはあまり伝わらないということも、日本の食文化などと比較してフランス料理店の不利さです。そうしたこともあって、最近では低価格路線のカジュアル志向のフランス料理店も起業されていますね。

 

 

 

このような状況下でフランス料理店の起業を成功させるとしたら

高級料理としての魅力を求めるお客さんをより喜ばせる他ありません。

 

 

 

満足度を高めていけばフランス料理店でも安定した経営はできますからね。

 

 

 

特に日本ではフランス料理店といえば「高級店」というイメージがあるので、そうしたフランス料理店に馴染みのない方のことも意識した満足度を高めるサービス品質を考えておきたいところです。

 

 

 

フランス料理店を起業するためには一般的な飲食店と同じ

「飲食店営業許可」が必要になります。

 

 

 

法定な規制という意味では他の飲食店と同じではありますが、高級店としてのブランドを起業後形成して維持するためにも、より信頼性を高める配慮もできるといいですね。

 

 

 

使用する食材の流通経路まで表示しているといったフランス料理店の起業例もあるようです。

 

 

 

フランス料理店ではコンセプトも重要なポイントになります

料理のメニューだけでなく内装など、より雰囲気を良くするためにはコンセプトが大きな指針になりますからね。

 

 

 

フランス料理店の起業を熟考するつもりであれば、まずはコンセプトを明確にすることを意識してみましょう。

 

 

 

どんなお客さんがターゲットなのか、どういったサービスが必要なのか、フランス料理店の起業に必要なことがそれぞれ見えてきます。

 

 

 

厳しい情勢ではありますがフランス料理店の起業を少しでもうまくできるように戦略を練っておくことが経営者に求められますね。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~は行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る