ベーカリー起業のメリットデメリット

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

ベーカリー起業のメリットデメリット

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (384)

ベーカリーを起業したいと思う時に気になることをまとめました

あなたの街のベーカリーにはどんなものが並んでいるでしょうか?

 

 

 

菓子パンなどのおやつに丁度良さそうなパンが並んでいたり、惣菜パンなど食事として親しまれているものなどいろいろありますよね。

 

 

 

ベーカリーを起業する時に一つ重要になることがあるのですが、これらの用途がことなるパンのどれを作るのか起業するベーカリーが担う役目を考えておきましょう。

 

 

 

ベーカリーで取り扱うパンの種類が明確になっていればお客さんも利用しやすくなりますし、起業家としてもプランを立てやすくなりますからね。

 

 

 

パンの種類は数多くありますが用途としては

主に4つに分類されることになります。

 

 

 

菓子パンなどのおやつに適した低価格帯のパンは甘みなどで味付けがされていますね。

 

 

 

さらに菓子パンを高級にしたものだと、パウンドケーキといった手土産として選ばれやすいパンになってきますね。

 

 

 

ベーカリーを起業する時にはお客さんがどのような目的でパンを買いに来るのか、といったことも考えておくと統一感が出しやすくなりますね。

 

 

 

食事用のパンを提供するベーカリーを起業する時には

一つ注意点があります。

 

 

 

それは、作るパンの種類によっては菓子製造業ではなく飲食店営業に分類されることがあるからです。

 

 

 

例えば、サンドイッチはその一例です。

 

 

 

サンドイッチを取り扱うベーカリーを計画しているのであれば、飲食店営業許可も忘れずに取得するようにベーカリー起業の準備を進めていきましょう。

 

 

 

この場合には起業するベーカリーに食品衛生責任者を配置する必要も出てきます。

 

 

 

最近ではベーカリーの安全性や信頼性も

一つの選ばれる理由になっていますよね。

 

 

 

どんなベーカリーが地元に愛されているのか他の地域で長らく続いているベーカリーなどを調査しながら起業アイデアを練ってみましょう。

 

 

 

ベーカリーの起業では機材などで3000万円前後のお金がかかりますから、戦略性のある起業計画を練ることが成功の秘訣だと思います。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~は行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る