靴販売店の起業の仕方と違いについて

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

靴販売店の起業の仕方と違いについて

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (308)

靴販売店を起業すると考えているのであれば起業の仕方を十分に検討

しましょう。靴販売店の起業ではいくつかの方法があるのですが、それぞれのメリット・デメリットを熟知しておくことでより成功に近づくことができますよ。

 

 

 

例えば、全て一から始める個人店としての靴販売店起業では事業が成功すれば利益を全て自分のものにできますが、失敗するリスクが高くノウハウがなければ厳しい起業方法です。

 

 

 

靴販売店として起業し成功する最も典型的なパターンはチェーン店としての起業ですね。

 

 

 

靴販売店をチェーン店として起業することのメリットは、なんといっても

ゼロから始める場合でもノウハウが得られるということです。

 

 

 

チェーン店であればブランド効果により集客力も獲得できますから、何もない状態でもこうした武器を得られるということがでかいんですよね。

 

 

 

ただし、チェーン店として靴販売店を起業するのであればフランチャイズ加盟料を支払う必要があります。加盟料を支払ってでもチェーン店で起業するべきなのか考えるべきということです。

 

 

 

また、靴販売店は起業する立地によっても運営方法が大きく違うと

言われています。デパートなどの商業施設で靴販売店を立ち上げるのであれば小規模でもお客さんが集まるのですが、幹線道路沿いのロードサイド型の場合には品揃えを整えなければ人が来ないようですね。

 

 

 

通りの多い道でもお客さんを呼び込めるだけの規模がなければ、遠くの靴販売店の集客力に負ける可能性があります。

靴販売店を起業するのであれば自分の起業する店の規模を知ることが重要

です。小規模であれば専門性がなければ大手に負けてしまいますから、ターゲットを明確にすることで生き残れる商売方法を進めるしかありませんよね。

 

 

 

靴販売店は800万円程度で起業できるビジネスですが、規模に合わせた戦略性がなければ失敗リスクも高まります。

 

 

 

どのような靴販売店の起業ができそうなのか、資金量とも相談しながら計画を立てていくといいでしょう。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~か行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る