ドラッグストアの起業でチャンスを拾う方法

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

ドラッグストアの起業でチャンスを拾う方法

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (376)

初めてのドラッグストア起業では何を気をつければチャンスをものにできるでしょうか

ドラッグストアの起業において重要な事は地域の人に何度も利用してもらえるようなビジネスをしてくことです。

 

 

 

リピーターが増えることのメリットはいくつもありますが、ドラッグストアのような利用頻度の多いお店では特に重要な事です。

 

 

 

医薬品だけでなく日用雑貨や食料品との相性もいいドラッグストアの起業では、お客さんに訪れてもらう機会を少しでも増やし売上を伸ばすチャンスを逃さないことに注意していきましょう。

 

 

 

ただし、ドラッグストアを起業する場合には最低限必要な準備があります

ドラッグストアを起業するためには薬剤師が必ずひとりは必要で、保健所からの開設許可が必要です。

 

 

 

ただし、一般用医薬品であれば薬剤師は必ずしも必要なく、登録販売者になることで販売ができるといった法律の緩和もあります。

 

 

コンビニが医薬品を並べているのはこうした規制緩和による影響ですね。

 

 

 

ドラッグストアはコンビニやスーパーとも競合し始めているという意味では、新規起業者はピンチかもしれません。

 

 

 

ドラッグストアとして売り出すためには専門性を高めることが必要になるでしょう

ですので、薬剤師などの有資格者を揃えておき医薬品の品揃えを増やすことは集客にも繋がります

 

 

 

ドラッグストア起業のコストが高まるなどのデメリットもありますが、明確な差別化ができるということは起業するドラッグストアの大きな強みにもなります。

 

 

 

最近は小型のドラッグストアの起業もよく見られるので、起業資金が少ない場合には小型化専門化を進めるのもひとつの手ですね。

 

 

 

30坪や50坪程度がドラッグストアの一般的な広さでしょうか

そうしたドラッグストアの起業であれば2000万円から3000万円程度の起業資金が必要になると思います。

 

 

 

内装や外装などのコストが高いので、安く起業できるような物件を見つけるところからドラッグストアの起業を一歩ずつ進める方がいいかもしれませんね。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~た行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る