眼鏡販売店の起業から見出だせるチャンスとは?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

眼鏡販売店の起業から見出だせるチャンスとは?

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (391)

眼鏡販売店を起業することについて考えてみましょう

眼鏡販売店の起業では複数の高度な技術を持った人材が求められます。

 

 

 

ですから、眼鏡販売店として成り立たせるだけのスキルを獲得しておくことが起業の近道になるかもしれません。

 

 

 

起業に関して役立ちそうな資格として、日本眼鏡技術者協会の認定眼鏡士というものがあります。

 

 

 

信頼のできる眼鏡販売店にするためにもこのような資格があるといいですよね。

 

 

 

ただ、気になるのは眼鏡販売店を起業してからどのように稼ぐのかということです

眼鏡販売店では繁盛期と閑散期がハッキリとしています。

 

 

一番売上の上がる時期は年度末ですね。

 

 

 

入学や卒業シーズンになってくると眼鏡販売店に訪れるお客さんが増える傾向にあります。

 

 

 

ですので、起業するといった場合にも繁盛期である4月頃に間に合うようにしてみるといいでしょう。

 

 

 

眼鏡販売店の起業では時期を合わせればいいスタートダッシュができるはずです。

 

 

 

最近の眼鏡販売店の特徴としてはファッション性を高めたメガネの販売にも注力されているという点があります

以前であれば機能性があれば十分というものでもあったメガネですが、オシャレも意識して選ばれる方が増えたということで眼鏡販売店の運営の仕方にも違いが出ていますね。

 

 

 

おひとりの方が複数のメガネを持つことも増えている時勢ですから、ファッションメガネとしてのニーズを叶えるような眼鏡販売店として売り出すのもいいアイデアです。

 

 

 

眼鏡販売店では検眼をしたり、レンズフレームを選んで制作をするといった作業があります

起業するとしたらそうした設備も揃えることになりますので、起業資金として800万円ほど必要になるかと思います。

 

 

 

内装や設備等で400万円ほどかかり、店舗の取得やその他の経費を合わせると眼鏡販売店の起業にはなかなかお金がかかりますね。

 

 

 

地域の市場調査にも十分力を入れて眼鏡販売店の起業の計画を立てていきましょう。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~ま行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る