酒類ディスカウントストアを起業する方法

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

酒類ディスカウントストアを起業する方法

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (369)

酒類ディスカウントストアを起業するための計画を立ててみましょう

酒類ディスカウントストアは酒店の中でも安さを売りにしたお店になります。

 

 

 

低価格化の需要が最も高いのはビールや発泡酒などですね。

 

 

 

消費量も多く酒類ディスカウントストアでも人気の高い商品になります。

 

 

 

焼酎も酒類ディスカウントストアでの取り扱いの多いお酒ですよね。

 

 

 

酒類ディスカウントストアを起業するということはこうしたお酒の低価格化競争をしていくということになります。

 

 

 

酒類ディスカウントストアはコストをどのように引き下げていくのかといったことが最大限に求められる起業ビジネスです。

 

 

 

酒類ディスカウントストアは酒類免許の規制緩和によりより自由に起業できるようになりました

これは起業する側としては嬉しい反面、競争率が高いというデメリットもあります。

 

 

 

店舗として起業する場合でもスーパーやコンビニのような酒類ディスカウントストア以外にも競合するものがあり、起業後の競争が厳しいことが想像できますよね。

 

 

 

ネットショップとしての酒類ディスカウントストア起業もひとつの選択肢ですがこちらもやはり競争が激しくなっています

 

 

 

低価格にすることが酒類ディスカウントストアの売りということですが

集客力や販売努力等の別の方向からのアプローチも重要になってきます。

 

 

 

酒類ディスカウントストア店舗での起業の場合には酒類以外の販売、例えばおつまみなどの食べ物を含めて販売促進に努めるといいでしょう。

 

 

 

仕入れ方法を工夫するとしても限界がありますから、別の方法で酒類ディスカウントストアの利益を生むためのアイデアを練らなくてはなりません。

 

 

 

酒類ディスカウントストアの起業ではこうした経営努力が常に求められるということが挙げられます。

 

 

 

酒類ディスカウントストアのお店を起業するためには1000万円程度の資金があるといいでしょう

ビールや焼酎などの人気のお酒を取り扱うと20坪ほどの広さが欲しいところなので、物件取得費用によってはもっと高くなるかもしれません。

 

 

 

酒類ディスカウントストアとして起業するためには収支計画をより具体的に考えておき、事業を成功させる道筋を立てておきましょう。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~さ行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る