アンティークショップ起業でつまづきやすいポイントはなに?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

アンティークショップ起業でつまづきやすいポイントはなに?

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (299)

アンティークショップを起業するならこんなことに注意してみてください

アンティークショップを起業してものを売るといった場合には、営業をするためのノウハウが重要です。

 

 

 

お客さんが商品を見ていても価値が見いだせないことってありますよね。

 

 

 

そうしたところで商品についてのお話をしながら、そのものの価値を知ってもらうことで購買意欲を高めるんです。

 

 

 

起業したてのアンティークショップでは信頼も何もありませんから、「本当に価値のある商品があるんですよ」ということを説明できるようなコミュニケーションが重要ということです。

 

 

 

アンティークショップを起業したらどんな商品を扱ってみたいのか

そうしたビジョンは持っていますか?

 

 

 

面白そうなものを並べているだけではアンティークショップ起業はなかなか成功しません。

 

 

 

例えば、海外の物品を選ぶのであれば「西洋の骨董品」や「東洋の芸術品」といったテーマがあるとわかりやすいですね。

 

 

 

起業したアンティークショップにどんなイメージを持ってもらうのか、そういたことを考えながら商品選びも進めていければリピートする機会も増えるでしょう。

 

 

 

アンティークショップを起業する場合には古物営業許可が必要です

買い取りなどを行わない場合であれば不要のようですが、顧客からの買い取りにより利益を伸ばすこともできることがアンティークショップ起業のメリットでもあります。

 

 

 

古いものに興味を持つ、同じ趣味を持つお客さんとお店ということで古物商としてのビジネスチャンスも取り入れるなら古物営業のための手続きもしておきましょう。

 

 

 

アンティークショップを起業する典型的なケースでは物件取得費などを含めて500万円前後が最低ラインと言われています

取り扱う商品の相場によって、仕入れ費がさらに大きくなることもありますので、まずはお店のテーマを決めどれぐらいの起業資金が必要になるのか計算してみましょう。

 

 

 

アンティークショップの計画を立てる中で利益をどうやって得るのかということも考えていけるといいですね。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~あ行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る