今から始めるDPEショップ起業で必要になるものとは?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

今から始めるDPEショップ起業で必要になるものとは?

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (399)

DPEショップをこれから起業するといった場合に必要となるものはなんでしょうか?

DPEショップとは写真を現像するお店のことです。

 

 

 

最近ではデジカメの普及も進み、家庭用プリンターでは実現できないような高画質な写真を現像するために利用されるケースが増えています。

 

 

 

これからDPEショップを起業するとなると、デジカメなどからの現像手続きが簡単になるようなシステムが求められますね。

 

 

 

例えば、大手のDPEショップチェーンではインターネットからの現像依頼もできるような仕組みがあります。

 

 

 

DPEショップを起業する場合には、自前で現像を行うためのラボを準備した専門店型と現像依頼の受付のみを行う取次店型があります

デジタルプリントの場合にはデジタルミニラボと呼ばれる機械を導入したミニラボ店型というものもありますね。

 

 

 

地域のニーズなどに応じて適切な営業形態を選ぶといったことがDPEショップの起業計画を立てる際の最初の一歩になりますね。

 

 

 

例えば、DPEショップは商店街などでは人が集まりやすいので取次店やミニラボ店を起業するといったケースが多いようです。

 

 

 

ただし、最近はコンビニ経営などと平行して取次を行う店舗も増えているのでニーズの高いような地域を見つけるのは苦労するでしょうね。

 

 

 

利用者の視点から考えると、気軽に通えるといったことも店舗選びのポイントなので有利な立地を見つけることができればDPEショップ起業のチャンスを見つけたも同然です。

 

 

 

人が多く行き交うような場所で出店できるかどうか探してみましょう。

 

 

 

立地に大きく左右されやすいDPEショップの起業で起業資金の見通しをつけるのは大変です

店舗の準備金を除けば内装や備品等で700万円前後で起業できると言われています。

 

 

 

デジタルミニラボでどれだけ売上を伸ばせるかがこれからの時代では重要になりそうです。

 

 

 

DPEショップをより本確定な専門ラボにする場合にはさらに起業資金が必要です。

 

 

 

どういった店舗を目指していくのかというビジョンの確率からDPEショップの起業を考えてみましょう。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~た行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る