書店の起業で成功できるのはどんなお店なの?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

書店の起業で成功できるのはどんなお店なの?

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (425)

書店起業で成功しているお店は何が違うのでしょうか?

書店は近年では小規模なお店が次々と潰れてしまっていますよね。

 

 

 

それは書店の大型化により集客力が十分でなくなってしまっていることに原因があります。

 

 

 

つまり、これからの時代に書店を起業して成功させるためには何らかの形で集客力をキープしなければならないということですね。

 

 

 

ちょっと大変そうに思うかもしれませんが、これから起業を狙っている方でも売れる書店にすることができるかもしれません。

 

 

 

現状でも生き残っている書店としては専門店があります

専門性の高い本を揃えた書店はパイこそ小さいものの一定の需要が常にあることも事実です。

 

 

 

例えば、学術書は大型の書店でもなかなか揃っていることがありませんから狙い目ですね。

 

 

 

事実、そのように専門性を高めることで書店の起業を成功させているお店もありますから、地域に足りていない書店を調査してみると起業チャンスが見つかるかもしれません。

 

 

 

学術書の他にも児童書やコミック専門店などがあります。

 

 

 

商店街で書店を起業する場合には特に専門性が求められるようです

主婦や子供向けの本を集めておくことでついで買いが期待できます。

 

 

 

教育志向の高まりも見られる時代ですから、子供を連れて行きやすいような書店の起業を目指すのもよさそうですね。

 

 

 

このような方法でマイナーでも集客力を確保することが売上を安定させる簡単な方法です。

 

 

 

店舗のための費用を除く書店の起業資金は1500万円程度になります

これは20坪程度の店舗の場合ですので、広さによってはさらに小規模な資金で起業もできるでしょう。

 

 

 

書籍の内容によっても仕入れ費用が違いますので、書店に並べる書籍の取次会社での価格等も調べつつ売上計画を立てていくという流れになります。

 

 

 

大規模な書店が増える時勢ではありますが、そんな中でも生き抜けるような起業戦略を練っていきましょう。

 

 

 

戦略次第で生き抜ける経営をすることは十分にできるはずです。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~さ行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る