玩具店として起業し小売業界を生き抜く秘訣とは?

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

玩具店として起業し小売業界を生き抜く秘訣とは?

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (373)

玩具店として起業するためには計画性が求められます

特に玩具店では将来を見据えた計画性がなければ起業は難しいです。

 

 

 

なぜかというと玩具店に並ぶ商品は時期がすぐに過ぎてしまうものが多いですよね。

 

 

 

季節によっても売れるもの売れないものがハッキリしていますし、売れるものを売れるだけ仕入れることができなければ経営を圧迫することに繋がります

 

 

 

玩具店として起業をし生き抜くためにはどんな秘訣があるのでしょうか。

 

 

 

玩具店として成功していた店舗が倒産してしまうのはどんな時だと思いますか?

実は玩具店では起業後に黒字の続くような健全性の高い店舗が潰れるということがよくあります。

 

 

 

それは過剰在庫によるデットストックです。

 

 

 

在庫商品がさばけないというだけで倒産の危機になるなど、玩具店では流行の見極めも重要になるわけです。

 

 

 

リスクを負ってでも利益追求をしていくのか、安定重視で確実に売りさばくのか玩具店の起業では厳しい選択が求められます

 

 

 

玩具店で安定した売上を確保したい時には固定客を獲得することがコツです

家族連れへの販売サービスなどは家電量販店には難しいことですから、専門性の高い玩具店ならではの戦略などを進めていくといいでしょう。

 

 

 

おもちゃの修理や相談などを受け付けている玩具店もあるそうです。

 

 

 

どんな形で顧客を獲得するのか、玩具店の起業ではそうした計画も立てておきたいですね。

 

 

 

玩具店を起業するためにはどれぐらいお金が必要になるでしょうか

15坪程度の玩具店の起業資金は1200万円と言われています。

 

 

 

起業にそれほどお金はかけたくないと思っていても、内装に500万円程度、商品の仕入れ費用に400万円程度、その他人件費や広告費等を入れると1000万円は超えてしまいます。

 

 

 

地域によってはジャンルを絞るといったことでより安価での起業もできるかもしれません。

 

 

 

まずは地域での玩具店の市場調査から始めていき、起業チャンスを探ってみましょう。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~あ行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る