なぜ調剤薬局の起業数が増えているのか

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

なぜ調剤薬局の起業数が増えているのか

読了までの目安時間:約 4分

起業の仕方!完全マニュアル (321)

みなさんは調剤薬局の起業について考えたことはありますか?

調剤薬局の起業は医薬分業政策によって数が増えています。

 

 

 

特に最近見られる特徴としては一般販売の調剤薬局から調剤薬局に変えるというものです。

 

 

 

一般販売や調剤薬局という言葉を聞きなれない方もいるでしょうか。

 

 

 

この調剤薬局というものは薬局と呼ばれるものの中の1つになります。

 

 

 

一般販売では薬剤師が不要なものの調剤ができず、処方箋の取り扱いができないことから販売機会を逃していました。

 

 

 

調剤薬局の起業のように薬剤師がいればお客さんとのコミュニケーションの機会も増えますし

より身近なお店として営業していくことができるので一般販売の薬局よりもいいということです。

 

 

 

最近はお薬の内容や注意点などを聞きたいというニーズも多くあり、アドバイスがもらえるような調剤薬局の需要も高くなっています。

 

 

 

調剤薬局の起業はお客さん一人ひとりをリピーターとしてを獲得していくことを覚えておくと、数年単位での経営の安定が期待できるということを覚えておきましょう。

 

 

 

先ほどの調剤薬局の起業の話の中で薬剤師という言葉がありました

調剤薬局では薬剤師が必要になります。

 

 

 

例えば、処方箋などを調剤する時には薬剤師でなければその仕事ができませんし、大衆薬についても調剤師でなければ管理ができません。

 

 

 

調剤薬局を起業する際には自分が薬剤師になるほか、起業前から資格免許を持つスタッフを探しておく必要があります。

 

 

 

調剤薬局の起業を成功させるコツとしては処方箋の受付を増やして行くことが重要です

起業直後から販売を増やすためには近くに医院がある立地が望ましいです。

 

 

 

お客さんへのサポートを充実させることも忘れてはいけませんが、やはり立地が良いことが大前提というべきかもしれません。

 

 

 

立地とサポート力を上げることで複数の病院から流れてくる処方箋の依頼を集めることが起業前から計画しておくべきポイントです。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :  

起業職種一覧~ALL~ 起業職種一覧~た行~


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る