副業を始める上で気をつけたい犯罪ケース

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

副業を始める上で気をつけたい犯罪ケース

読了までの目安時間:約 3分

起業の仕方!完全マニュアル (117)

副業が犯罪につながるケースもあります

 

副業と言うといかがわしい儲け話を持ち込まれることもありました。

 

 

 

30年以上も前に流行した「ネズミ講」や「マルチ商法」などがその典型かもしれません。

 

 

 

ちょっとして副業投資でそれが何倍にもなって帰ってくるなど社会問題化された時期もありました。

 

 

 

今でも副業商法は後を絶ちません

 

家で出来る簡単な副業と称して、その製造機器を高く売りつけたり、高価なマニュアルや保証金などの買取りや拠出を条件とする商法もあります。

 

 

 

まず簡単に副業ができるケースはほとんどないでしょう。

 

 

 

それなりの知識や経験とそれに費やす時間が必要なことは言うまでもありません。

 

 

 

簡単な副業は単価が高いですし、技術が必要な副業は単価が高いことも当たり前のことです。

 

 

 

公務員の副業禁止を破って処分される例もたくさんあります。

 

 

 

消防職員の副業アルバイトや市立病院の医師や技師の副業アルバイト女性教師が副業で風俗店勤務していたケースもありました

 

もちろん公務員の副業禁止については法に触れることではありますが、ほとんどが生活費の補填に当てていた副業であることを考えると、可哀想な気がします。

 

 

 

届出制にするなど緩和の措置も検討する時代になっているのではないでしょうか。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :   

未分類


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る