車部品メーカーの副業が会社を拡大させた例から学ぼう

起業の仕方!完全マニュアル~ネットからリアルまで起業の仕方

車部品メーカーの副業が会社を拡大させた例から学ぼう

読了までの目安時間:約 3分

起業の仕方!完全マニュアル (116)

企業が存続していくためには本業のみではなく副業にも力を入れる企業も多いようです

 

一番成功した例ではイトーヨーカ堂の副業コンビニビジネスへの進出ではないでしょうか。

 

 

 

本業を重視して経営資源を投入していくのはもちろんですが、将来に向けて副業が本業になる芽も育成していかねばならないでしょう。

 

 

 

自動車部品メーカーは例えばトヨタですとトヨタ城下町と言われるほど企業集団が構成されています

 

しかし工場の海外移転や閉鎖などのリスクも高く、自動車関連以外の新事業「副業」が加速されています。

 

 

 

自動車の国内生産市場が縮小傾向のなか、各社は本業で培った技術を活かした副業分野に挑戦しています。

 

 

 

デンソーでは本業以外に副業製品として家庭用蓄電器や車載用のイオン発生機など市販品も含めた副業の売上比率を10%から20%に引き上げる方針を出しています

 

アイシン精機では副業のガスエンジン空調機器が好調に推移している。

 

 

 

トヨタ紡織においても自動車シートなどのトヨタ向け売上から副業の鉄道・航空機向けの販路を拡大して本業の技術を副業の産業に活かして販路を拡大しています。

 

 

 

こうした副業への進出は本業をおろそかにすることではなく、新しい副業分野でのイノベーションや社員のモラール向上にもつながることでもあり、企業の新しい血を育てているようです。


スポンサードリンク

 


スポンサードリンク

タグ :   

未分類


スポンサードリンク

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る